まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

凄い!南北の差。

臨時、鉢増し・植え替えコーナーです。

左の棚から、

まず、枝を整理したり軽い剪定をします。→それを置く場所→根を軽くさばきます。→

さばいた株を置く場所→根や株の大きさに合わせて植え込みます。

DCS_6928

考え抜かれたオートメーションというわけにはいきませんが、

かなりスムーズにはかどります。

 

わかりやすい現象を一つ紹介します。

これは中庭にあるオベリスク仕立てのツル・アイスバーグです。

新しい枝も綺麗に出ていて良い状態ですが。

DCS_6924

ちなみに足元で咲いているバラはハークネスローズの

レッド・アバンダンスとピンクアバンダンスです。とてもよく咲きます。

 

この画像は南側を映したものです。

病気一つなくてとてもきれいな状態ですね。

DCS_6925

 

これは北側の足元に近い場所を移したものです。

よく見てください、黒点病が少し出ているのがわかるでしょうか?

DCS_6926

日がよく当たって比較的乾燥しやすいところでは黒点病は全くかかっていませんが、

日当りのあまり良くない低いところには少し発病しています。

ちょっとした環境の違いで同じ株でもこんなに違います。

 

では、どうすればいいでしょう?

①この株は腰より低いところで発病していてそれより上には全くありません。

ならば、腰より下には葉をつけないようにするとかかりにくくなりますね。

②北側で風通しのあまり良くない所だけ消毒の回数を少し増やす。

③黒点病に強い品種を植える。

④または、枝や葉を少し間引いて風通しを良くする。

などの工夫で解決できます。

 

ドイツ・コルデスからフロリバンダ(中輪房咲き・四季咲き性バラ)として30年以上前に生まれたバラです。

どこへ行ってもよく見かけるバラです。

日本ではこのようにツルバラとして楽しまれていることが多いですが、

寒冷地などでは小さくてコンパクトな四季咲き性ブッシュ樹形で楽しまれています。

DSC_0973

 

「アンジェラ」

短く剪定してもこのように良く咲きます。

でもやっぱり枝を伸ばしてツルバラとして楽しみたいですね。

DCS_6927

暑いですけど、植え替えをご覧になりたい方は見にきてくださいね。

スポンサーサイト
  1. 2016/07/11(月) 18:13:46|
  2. バラ