まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

お花のパトロール

P8050057

 

 

入り口に聳え立つ「つる・サマースノー」です。

新芽もたくさん出ていて、絶好調!と思ったのですが・・・

P8070001 (2)

やられてました!

P8050045

長さ30cmほどの棒が、どんどん入ってしまいます。

すぐに、カミキリムシ専用殺虫剤「キンチョールE」を散布して、トップジンMペーストを注入しました。

手遅れでないことを祈ります。

P8050048P8050051

 

ンボル的存在の「フランソワジュランビル」

本日軽めの剪定を施し、剪定した枝を集めていたところ、発見!!

P8070007

 

ガンシュです。

P8070104

切り取って、トップジンMペーストで切り口を閉じました。

店内にはガンシュ病になりながらも、毎年きれいな花を咲かせて、勢い良く成長し続けている株がたくさんあります。

まつおえんげいのスタッフのなかでも、たびたび話し合う「癌腫病」という聞こえの怖い名前・・・。

「こぶちゃん」とかなら平気な感じしませんか?

人間の定期健康診断のように、元気そうに見えるバラでも根元や葉裏など細かいところのチェックは

早期の病害虫の発見につながり、大事に何年も育て来られたバラを守る手立てとしてとても有効です。

お水やりのついでにでも見てみてあげてくださいねー!

 

P8060073

さて、怖い写真が続きましたので、ここからは美しいお花で一息。

「つるデンティ・ベス」のシュート花です。

一枝ですが、まるで花束の様です。

 

 

P8050067P8050069

夏でもお手本の用に整った形で次々咲く「ローズ・ポンパドゥール」

素晴らしいフルーツの香りが魅力です。

 

P8060085

 

 P8060077

一部の品種の性質から、暑さに弱いというイメージが付いてしまっている気がする「イングリッシュ・ローズ」ですが・・・

まつおえんげいの中庭では、「ジェームズ・ギャルウェイ」(写真上:ピンク)や「ゴールデン・セレブレーション」(写真下:黄色)などが、弱るどころかしっかりしたシュートを伸ばしながらもきれいに咲いてますよ♪

 

スポンサーサイト
  1. 2016/08/14(日) 17:19:35|
  2. 未分類