まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

夏バテされてませんか?

暑いこの時期にご来店いただいたお客様に

「うちの家のバラは葉っぱが落ちちゃって、つんつるてんで可哀そうな状態なのに、

ここの(まつおえんげいの)バラは葉っぱが沢山茂っているのは、なんで?」

と、よく質問されます。

P8150042

P8150043

たしかに、パッと見た感じではシゲシゲ緑の葉っぱが茂っていて

いたって健康です。

でも、100%ではありません。

やっぱりありますよ!

P7260008

微量要素不足になってしまったり・・・

 

P8050066

水切れしてしまったり・・・

P8060082

黒点病になってしまったり・・・

P8050061

ハダニの被害にあったり・・・

と、薬様々な原因で葉の色が悪くなって落ちてしまうことはあります。

薬剤だけでは防ぎきれない部分は、健康な株に育てるという方法でカバーしてあげましょう。

 

本日は、暑い夏を乗り切る為の株づくりを目指す、「メンテナンスキット」をご紹介します。

が、その前に1つ注意点があります。

 

植物が夏に弱る1番の原因は、暑さによる根の疲れです。

根は植物の屋台骨。土台がしっかりしていないと健康に夏を過ごすことはできません。

そのためにはまず、団粒構造で呼吸のできる土であることが第一です。

 

せっかく高価な資材を使っていただくのに、効果が得られないのでは意味がありません。

根がきれいな空気で呼吸でき、肥料や活力材が不必要に土中に残らないようにします。

それをクリアすることが今からお勧めする肥料や活力材の力を十分発揮できるポイントで

す。

その方法としておすすめなのが「エアレーション」です。

これは、地面に空気の通る道を作ってあげる作業です。

鉢植えなら、支柱や割り箸、棒などを差し込み鉢の底まで届くような穴をいくつかあけてくだ

さい。

たいひ

直径24センチまでくらいなら5~6か所、それ以上なら8~10か所くらい、

地植えなら、太めの支柱や棒などで深さ30センチ以上の穴を10か所以上開けてください。

これで準備はOKです。

 

それでは、ご紹介します。

【Aセット】

こんな方(株)におススメ!

① 夏になるといつも弱るバラがある。

② 四季咲き性のバラが多い。特に大輪咲きや、切り花向け品種が多い。

③ 新苗や生育途中の苗が多い。

④ 暑さに弱いオールドローズなどのバラが多い。

⑤ 上記のような水はけの悪い土のバラが多い。

syukusyou

バイオゴールド・セレクション薔薇(天然活性肥料)

バイオゴールドバイタルV-RNA(根・土壌集中活性液)

ヴィコント5-6-4(天然液体肥料成分)

 

の組み合わせをおすすめします。少し高価ではありますが、土壌や土中から根本的に改良

して健康な根、株作りを目指す方にお勧めです。どなたがお使いになっても安心して使える

組み合わせです。

 

 

【Bセット】

こんな方(株)におススメ!

① ツルバラや、大きくなるバラが多い。

② 地植えが多い。

③ 今のところそんなに生育で困っているバラはない。

④ とても数が多い

⑤ 秋の花付きをよくしたい

⑥ 臭いは気にしないので有機の含有量の多い肥料がいい。

⑦ 有機特有の吸収力の弱さを解決して効率よく肥料を効かせたい。

P8150056

まつおえんげいのバラ専用肥料(海藻エキス配合の有機配合肥料)

植物活力素メネデール((2価鉄イオンで化学成分を含まない)

ペンタガーデンPRO(植物の生命活動に深くかかわるアミノ酸「ALA」配合)

の組み合わせをおすすめします。まつおえんげいで試験栽培した肥料の中で花付きがとて

もよかった肥料です。

リン酸成分が多く含まれていて、秋花が期待できます。

メネデールは2価鉄イオンの働きでとても効率よく肥料をバラの体内に運ぶことができます。

吸収されずに流れてしまう肥料成分を少なくしてくれます。

ペンタガーデンPROは、根からの栄養吸収を促進し、根の生育を助けます。

植物が本来持っている力を最大限に発揮し、強い株を作ります。

 

今回提案させていただいた組み合わせは、

まつおえんげいでも常に使っている組み合わせです。

どの組み合わせでも目に見える効果が得られます。

書いてある項目に該当することが多いものを使っていただくことをおすすめします。

 

でも、それ以外はダメ。というわけではありません。

それより、これを使うと決めたらしっかり定期的に同じものを使い続けてください。

迷ってしまっていろいろ使うことはあまり感心しません。浮気は禁物です。

 

今からしっかりケアをして、

秋にはこっくり濃厚な、バラの色と香りを楽しみたいですね♪

 

 

 

スポンサーサイト
  1. 2016/08/15(月) 16:48:37|
  2. バラ