まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

楽しかったです!

今日は久しぶりに、過ごしやすい一日でした、最高気温31度。

朝は涼しく感じられるほどでした。日中も風は爽やかで空も、秋の空って感じでした。

連日の体感37度越えなので、とても涼しく感じましたね。

 

さて本日は久しぶりの「バラ教室・夏剪定の仕方」。

7月からお目にかかっていない方々にお会いできて楽しかったです。

鹿児島や、山口、広島など遠方からのご来店、本当にありがとうございました!!

そんな方々のために天気も気を使ったようですね。

 

今日皆さんに剪定体験をしていただいたのは、「ラ・ベル・ポー」。

直立シュラブ樹形で秋までとてもよく咲くバラです。

6月の2番花の様子です。

P4240047

 

6月22日のオベリスク仕立ての株も蕾がたくさんついています。

DCS_2419

 

まずは、夏剪定って言っても色々なタイプに分けて理解していかねばいけません。

よく咲くからといってどれも同じように切ると、秋に背丈ばかり大きくなって花が咲かなかったり、

せっかく蕾が付いたのにいつまでたっても花が開かないという結果になってしまいます。

色々なタイプに分けて説明し、4種類のバラで剪定をしました。

P8270106

 

最後に皆さんに「ラ・ベル・ポー」で剪定体験です。

基本的な2番花の咲いていた枝を見極める体験です。

絵や本ではわかるのですが、いざ自分の家の株に向かうと

「さて?どこで切るの?」「どの枝が2番花の咲いた枝?」

そうなんです。

それぞれ枝姿も違うし、切りたいところには葉が無かったりと悩み多い剪定です。

P8270109

やはり自分で切って体験するというのは大切ですね。

 

さて、以前に紹介した、アップルウェアーの

バラ苗育成ポット。「P.MスレンダーSQ」

1つ大切なことを紹介するのを忘れていました。

それは光の透過についてです。

材質によっては薄すぎてポットの中に光が透るポットがありますが、

この「P.MスレンダーSQ」は材質が違っていて土の中に光を通さない材質になっています。

土の中まで光が透ると根の生育にあまり良くありません。

あくまで暗いところで育つ根の為には、光を通さないことが大切です。

DCS_7096

いよいよ9月中旬から販売開始です。

お楽しみに!

スポンサーサイト
  1. 2016/08/27(土) 17:35:52|
  2. バラ