まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

週末はいい天気。

水曜日は、岐阜県・河本バラ園にお邪魔してきました。

バラ好きのメンバーが集まって農場視察です。

いつまでもお元気でお若い河本純子さん、皆さんと同じように農場を回って説明していらっしゃいました。

河本バラ園のスタッフの皆様ありがとうございました。

PB090213

 

今週末も元気に咲いているバラの中から、デルバールローズを。

デルバールのバラは比較的遅咲きが多いのですが、

春は花期が長く楽しめて、秋は晩秋まで咲くので庭のバラの中に是非加えたいバラです。

 

特に僕がおススメしている

スヴェニール・ドゥ・ルイ・アマード。

アニスの香りが心地よくて秋でもほとんどの枝先に花が咲きます。

春に比べてゆっくりと開くので毎日ワクワクしながら楽しめます。

この花色はザ・バラ!って感じがしますね。

コンパクトで誰にでも作れるとても良いバラです。

DCS_7595

 

ラ・パリジェンヌ。

直立気味にすらっとした樹形と、独特のグラデーションの花色はよくこの名前を付けたものだと感心しますね。

春と秋の花型、花色が違いますがそれもパリジェンヌゆえのお洒落でしょうか。

季節に合わせて着替えて姿を変える。

そう思えばカタログと花が違うと思わずに楽しめませんか?(笑)

春から秋までよく咲きます。

DCS_7597

 

マダム・フィガロ。

これもおすすめ、僕にとっての名花です。

優しく可憐。

よく聞くのが、デルバールのバラは葉も大きくて濃く、枝が太い、と。

それならこのバラを育ててください。

枝はしなやか、葉も薄緑、花は細い枝に大きな花が咲くためややうつむき加減。

柔らかい風景が作れます。

日陰でもよく咲いて、伸ばせば小さなツルバラにも出来ます。

DCS_7600

 

さて、まつおえんげいはパンジーフェアの真っ最中ですが、

バラも次々と咲き、温室は先日より内側にビニールシートを2重に張って暖房を開始しました。

寒い日でも観葉植物やサボテンなどをゆっくりと見ていただけます。

 

壁を利用して色々な植物を楽しめる提案を。

DCS_7583

 

吊り鉢や多肉植物の提案。

DCS_7588

 

少し変わった鉢やアイアンの鉢カバーなどを温室入口右に展示。

DCS_7591

 

サボテンのミニテラリウムなど色々。

DCS_7586

 

アイアンと小物等、使い方は自由に。

DCS_7587

 

来週、11月16日(水)と19日(土)は

バラ教室⑨「2年生バラ苗の選び方と植え付け」があります。

午前10時から約1時間半12時まで。

バラ苗を買ってみようとお考えの方々のために、買ってから失敗することの無いように

正しい苗の選び方、そのばらの植え方、冬の管理のポイントなどを説明します。

バラ苗といっても色々です、国産苗ばかりでなくて最近は輸入苗もあります。

もちろんそんなに気にしなくてもちゃんと咲きますが、

「今まで買ったことがあるけれど冬の間に枯れてしまった。」

「開花株しか買ったことがない」という方々のために

まつおえんげいが実際に行なっている選び方、植え方の実演、冬の管理をわかりやすく説明します。

もちろんレジュメ付きです。

 

今日は、広島からお客様が、朝一番からさきほどまで

ログハウスでランチをとってゆっくりと楽しんでいただけたようです。

本当にありがとうございました。

 

明日・土曜日も、明後日・日曜日も天気は良くて気温も20度前後花選びには最高です。

お待ちしています。

スポンサーサイト
  1. 2016/11/11(金) 17:56:31|
  2. バラ