まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

バラの剪定作業は順調ですか?

今朝は氷点下。

閉店作業の際に花苗などは軒下に入れてかえるのですが、

パンジーやビオラはカチカチに凍ってました。

それでも太陽をあびると、何もなかった様に復活する姿はとても頼もしく思います。

 

午後からは、冬季集中セミナーが行われました。

本日は「シュラブローズの剪定誘引」の実技です。

純白の花に赤いしべがとっても魅力のある「ジャクリーヌ・デュ・プレ」を題材に、ご説明しながら

ご参加されたみなさんに、実際に剪定体験をして頂きました。

 

なぜこの枝を切るのか?もしくは残すのか?どの高さで切るのか?なぜその高さなのか?

その理由を詳しくお話しながら作業をすすめます。

P2010059

P2010007

ある程度剪定が済んだら、春に咲く姿を想像しながら誘引していきます。

 

剪定誘引完了です。

P2010011

 

「ジャクリーヌ・デュ・プレ」はツルを残してツルバラ仕立てにしたり♪

P2010012

木立のバラの様に短めに剪定したり♪

P2010013

咲かせたい場所によって自由に楽しむことができるとても優れた品種です。

繰り返し良く咲く性質もあり、長期間楽しませてくれます。

 

春にまた見事に咲き誇ってくれるかと思うと、ワクワクします。

DSC_0796

DSC_0412

「ジャクリーヌ・デュ・プレ」

●中輪房咲き(花径:8~10cm)

●スパイシーな香り

●樹高:H2.0×W2.0m

スポンサーサイト
  1. 2017/02/01(水) 16:14:59|
  2. 未分類