まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

次のバラのために

バラの新芽が成長し始め、いよいよ春の訪れを感じますね^^

今年の春はどんなシーズンになるのか、天気次第で不安もありますが驚くような花付きを見せてくれることもあり、今からワクワクしてしまいますね!
個人的には今年はしっかりした苗の届いたハークネスの「スージー」の開花がとても楽しみ!
昨年は出張のタイミングと重なったせいで直に花を見る事が出来なかったので、今年は堪能したいですね!病気にも強い強健種です

20161113_412af1[1]

 


そして、今年の花付きを決める一番のポイントは「去年健康に過ごすことが出来たか」がとっても重要!
昨年は冷夏だったとはいえ、年々厳しくなる夏の暑さに「夏に弱ってしまった」「梅雨に葉が落ちてしまい、その後うまく育たなかった」など
やっぱり「夏」にトラブルがあった方からのご相談を多く頂きました。


「夏バテ対策」
まつおえんげいでも夏バテ対策に「ミリオン」などの土の環境を整える根腐れ防止剤や「バイタル」をはじめとする活力剤や

「ペンタガーデンPRO」など植物を活性化させる液体肥料などをオススメすることが多いのですが、やはり一番の夏バテ対策は「葉っぱを守る事!」なんです。


落葉の一番の原因は、やっぱり「病気」
黒星病などの病気になって葉が落ちてしまうと、光合成がストップしてしまい、「葉っぱ」という水分や養分を欲しがる部分が減ってしまうので、
水分や養分を吸い上げる根がうまく機能しなくなります。
病気の落葉は葉の異常のようですが、落葉でダメージを受けるのは「根っこ」なんです。

葉を守ることで根の負担が減り、夏の暑さも乗り越えることの出来る、「良く根の張ったバラ」に育っていくんです。


葉っぱの病気対策のスタイルはふたつ

 

①薬剤も使って美しく咲かせたいというスタイルなら薬剤はバラを守るためにとても効果的です。
ですが・・・
「薬剤は種類があり過ぎて、どれを使っていいのか解らない」
「効いてるんだか効いてないんだか解らない」
というお悩みの方も多くいらっしゃいます。
効果的な薬剤の使い方と、「ローテーション散布」をしっかり試してみて頂ければと思います。

 

②出来るだけオーガニックに薬剤は使わずに!というスタイルであれば、
病気で葉が落ちたりするトラブルと付き合っていく寛容な気持ちが大切です。
そしてバラが弱った時には、肥料や活力剤を上手く使って、弱ったバラを素早く回復させる方法を知るのが重要だと思います。

 

今日は①の「薬剤を使った防除のコツ」をご案内したいと思います。

②の「トラブルで弱ったバラを素早く回復させる方法」はまた後日!

 


①「薬剤を使った防除のコツ」

薬剤を使ったバラの病害虫予防は、複数の薬剤を使った「ローテーション散布」が効果的です。
一種類の薬剤を使うことで増えてしまう「抵抗性の病原菌」の増殖を抑える効果があり、1回1回の薬剤散布がよく効くようになります。

【抵抗性の病原菌とローテーション散布のイメージ】

名称未設定-1

名称未設定-56465

 

 


【ハンドスプレーを使ったローテーション散布】
お持ちのバラが10本くらいまでならハンドスプレーを使った防除が手軽でオススメです!


オススメの薬剤は以下の4種!

アタックワンAL、モストップジンRスプレー、ベニカXファイン、フローラガードAL

例えば・・・アタックワンAL⇒モストップジンR⇒ベニカXファインを10日~2週間おきに散布。それでも病気が出たらフローラガードALで対処!

この散布方法がオススメです!


バラをしっかり守るための応援企画として、4本セット購入で送料無料でお届けさせて頂きます!

薬剤を使ってはいるけど、あんまりうまくいかないという場合、ちょっと思い切って4本セットでローテーション散布を試してみて下さい!


ローテーションハンドスプレーセット ¥5700(税込・送料無料)

P3261446

 

【希釈タイプの薬剤を使ったローテーション散布】
お持ちのバラが10本を超える場合、圧倒的に希釈タイプの薬剤の方がコスパが上です!
薬剤を薄めるのは少々手間ですが、20ℓ以上の薬液を作る事が出来ます!ハンドスプレーと比べて10倍以上お得になってしまいます


「希釈タイプの薬剤もすでに使っているけど、あまり良い効果が出ない・・・」という方もいらっしゃると思います。

そこで!今回はまつおえんげいの店内でも実際に使用している薬剤とローテーション技術を生かし、お勧め薬剤のローテーションセットを作りました!
これまで薬剤散布をしてはいるものの、うまく防除が出来ない方へ、たたき台となるベースの薬剤散布としてオススメの組み合わせです。


もちろんこれだけですべての病害虫を防除できるわけではありませんが、梅雨明けまでの困った病害虫の初期予防には効果が出ます!


葉を食い荒らすチュウレンジバチ、花首を折ってしまうゾウムシ(クロケシツブチョッキリ)、観賞価値を損ねるうどんこ病、葉をバラバラ落とす黒点病。
これらの病害虫にお困りの場合の、「薬剤散布のポイントとそれぞれの薬剤の解説、散布のペースやタイミングについてのアドバイス」を記載した
まつおえんげいのノウハウ満載の「防除ミニペーパー」もお付けします。そしてこちらも送料無料!

 


ローテーション薬剤セット ¥7200(税込・送料無料)

P3261447

 


このセットはいずれも3月31日までの期間限定とさせてくださいm--m

 

 

また、病害虫でお困りの方はいつでもお気軽にお問い合わせください!
しっかり相談に乗らせて頂きますよ!

 

【お問い合わせフォーム】

 

まつおえんげい Tel:075-331-0358

 

夏弱らせないバラづくり、梅雨明けまでの病害防除がポイントです!
これまで解らない部分も多く、なんとなくだった病害虫予防。
まつおえんげいが全面的に協力しますので、今年はぜひ夏も生き生きしたバラを楽しみましょう!

スポンサーサイト
  1. 2017/03/26(日) 18:35:27|
  2. 未分類