まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

オリーブ入荷!

久しぶりにポカポカ陽気の一日でした。

でもみなさん油断しないでください。最低気温はまだ低いので、日中が暖かくなったといって、

観葉植物や防寒対策をしている植物などはもう少し夜温の上がるまで待ちましょう。

 

オリーブが大量入荷しました。

やや開帳形樹形でボリュームの出るネバディロ・ブランコ、

直立樹形でまとまりが良いミッションとチプレッチーノの3品種、

サイズも7~8~9号とあります。

細根がしっかりと出ているので安心して育てていただけます。

DCS_7990

 

ハークネス「サニー・アバンダンス」

明るい黄色に淡いピンクが縁どります。

性質は先日紹介したクリーム・アバンダンスと同様で、

とても育てやすいバラです。

DCS_6072

先日紹介したアバンダンスの意味「沢山の」と言う表現はおかしかったですね。

「豊富な」「あり余るほどの」などと表現するのが適切なようです。

「あり余るほどの花の咲くバラ」と表現した方がピッタリですね。

ご指摘ありがとうございました。

 

早咲き大輪系「ニオベ」。

正式な名前は「ナイオビ」です。

イギリスで「Niobe」と命名されたものをローマ字読みしてこの名前で流通しています。

日本の皆様にはこう呼んだ方が親しみがありますね。

_DSC0458

シックなビロード赤は咲き進むと濃いピンクに変わります。

4月下旬から5月中旬まで楽しめる早咲きなので、遅咲き品種とリレーさせると長く楽しめます。

そして、花後に弱剪定すると7月初旬に少し小さめの花が楽しめますよ。

_DSC0199

中庭で、イングリッシュローズ「レッチフィールド・エンゼル」と組み合わせて、上のほうで咲かせます。

DSC_0025

 

今日バラの相談で数件同じ質問が。

「何年も経つのに枝が少なくてひょろっと伸びた枝しかなくて花が少なくなってきている」

というご相談です。

少ししかない枝を大切に切らずにいたため、新しい枝が出ないようでした。

詳しくお伺いするとやはり枝の更新が出来ていない様子。

ツルバラは切ってはダメと言われて一本しかない枝を何年も切らずに大切に育ててこられたようです。

スポンサーサイト
  1. 2017/04/02(日) 19:20:23|
  2. 未分類