まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

選び易いクレマチス その2

一昨年前に訪れたイギリス「ハンプトンコートパレス・フラワーショウ」で展示されていたクレマチス。

新品種や人気品種が大鉢仕立てで展示されていました。

大輪系が多く、鉢の色使いもセンス抜群です。

DCS_6453

 

プリンセスダイアナやロウグチ等のベル型もたくさん展示してありました。

DCS_6456

 

フロリダ系ノシーボルティとハーロゥ・カーの寄せ植えです。

DCS_6454

 

中でも印象に残っているのが販売されている苗の状態でした。

日本では1年生苗等の小さなポットやアンドン仕立てが主流ですが、、、。

イギリスでは全て支柱仕立てでした。

よく見ると、支柱以上に背丈の伸びる品種は上のほうで丸めてありました。

DCS_6457

 

販売店でもこのように竹の支柱に沿わせて販売されていました。

DCS_6835

 

よくお伺いするのが「アンドン仕立てはほどくのが大変で、すぐにポキポキ折れてしまう」と言うご意見です。

この仕立てだと折れる心配もなくて扱い易いです。

そしてなんといっても伸びて花の咲くサイズがわかりやすいということ。

DCS_6838

今年からはこの仕立てで販売します。

スポンサーサイト
  1. 2017/04/11(火) 15:48:20|
  2. クレマチス