まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

嬉しい薬剤希釈キットです。

久しぶりの曇り空。

花を見るには最高の天気でした。

 

しかし最近の天気は温暖化の影響か、強風や、豪雨などが定期的にめぐってくるように感じます。

植物栽培にはあまりうれしいものではありませんね。

無農薬栽培や減農薬栽培が理想ですが、どうしてもしなければならないことのある薬事散布。

そんな時にとてもややこしくて面倒臭い薬剤の希釈。

少ない量で散布する人の方が微量の薬剤を扱うので薬害が出やすいものです。

そんな農薬難民を救うキットを販売しています。

まつおえんげいが作った

薬剤希釈キットです。

DCS_2109

 

薬剤は同じスポイドで色々吸い込むとそれぞれが混ざってしまいます。

「なら、水で洗って使えばいいの?」

いえいえ、水で洗ってすぐに原液の中に入れると、水が入ってしまいますよ。

数種類の薬剤を扱う時にはそれぞれの薬剤用にスポイドや計量器が必要になってきます。

薬剤は色々な容器に入っています。

 

このキットの嬉しいところは

どんな薬剤にも対応できるように

、「20リットルまでならどの器具でどれくらい計ればいいのか」

「希釈方法や」散布方法までを詳しく解説」

してあるメモが入っていることです。

しかも屋外でする作業なので水に濡れても大丈夫なように「ユポ紙」

と言う耐水性の紙を使っています。

DCS_2106

薬剤希釈がいまいち解らない方、

薬害絵お出した経験がある方、

今迄ハンドスプレーを使っていたが不経済なので噴霧器を使おうとお考えの方、

バラの本数が10本以上の方。

是非お勧めしたいキットです。

スポンサーサイト
  1. 2017/05/09(火) 19:05:24|
  2. 肥料と薬剤