まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

簡単クレマチス!

いつまでも快晴が続いてバラモクレマチスも今年は長く楽しめますね!

 

ハークネスローズ「ピンク・アバンダンス」。

2番花です、名の通り本当によく咲きます。

一番花よりやや小さめですが、花色はコーラルがやや薄れてピンクが強くでています。

コンパクトで本当に作りやすいバラですね。

IMG_20170604_174243

 

クレマチスが本番を迎えています。

さすがに早咲きは花が終わりましたが、

雨や突風にさらされることもあまりなかったので、中輪系も傷むことなくよく咲いています。

 

クレマチスもバラと同じで咲かせる場所やシーンで品種を選ぶことがポイントですね。

花をつけ出す節の数や節の間隔、そして上向きか横向きか?などを考えながら誘引していきましょう。

 

平面アーチに咲かせる「カルーレア・ラグジュリアンス」、クレマチスの花弁はしべなんだなあとよくわかる花です。

緑をたくわえて爽やかな淡いブルーの花は中輪でたくさん咲きます。

横向きに咲くので肩より上から見上げるように眺められる位置が綺麗です。

暑い日でも爽やかな花色なのでホッとしますね。

DSC_1130

 

「カール」。

こちらも下向きからやや横向けに咲くので、このように壁面で高めに誘引して咲かせましょう。

これはちょうど目線で咲かせています。

バックのブラウンの壁面によく「映えますね。

DSC_1131

 

同じく「カール」、こちらは少し高めに見上げる位置で咲かせています。

写真は背景の関係で色が違って見えていますが。

下向きからやや横向きに咲くのでとても見応えがありますね。

DSC_1132

 

「マダム・ジュリア・コレボン」、

本当に花付きの良い品種です。皆さん是非育てていただきたい品種です。

目線からそれ以上に見上げる位置が素敵ですね。

白いバラともとてもよく合いますよ。

横でスタンダード仕立てのアイスバーグが咲いていました。

DSC_1133

 

「エンテル」、こちらも良く伸びる品種です。

肩口から上に咲きださせています。

バラや宿根草などと組み合わせて咲かせたい時にはバラの咲く位置は横向けに誘引せずに、

真っ直ぐ伸ばしてバラの花の咲く位置のトップくらいから横に誘引するとお互いが邪魔することなくきれいに咲き分けてくれますよ。

DSC_1162

 

園芸店などで販売しているクレマチスは多くがアンドン仕立て(まつおえんげいも以前はそうでしたが)。

バラの開花株と同じで、本当はどんなふうに伸びて咲くのかがわかりませんね。

クレマチスは品種によって節がいくつくらいから咲き始めるのかを理解すれば思い通りの場所に咲かせることが出来ます。

まつおえんげいでは今年から、それがよくわかるように仕立てて販売するようにしています。

少しでもクレマチスが身近に感じていただけるようにお手伝いします。

松尾正晃
スポンサーサイト
  1. 2017/06/04(日) 19:56:28|
  2. バラ