まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

クレマチスの剪定開始。

バラフェアは今日で終了です。

今年は天候に恵まれ本当に長く楽しめましたね。

もう、2番花が蕾をつけてきています。

 

フェアは終わりましたがバラもクレマチスも花後の作業が続きます。

そんな作業も是非見に来てくださいね。

今からのバラを見ると、梅雨時期の耐病性や耐暑性、繰り返し咲く性質などがよくわかりますよ。

 

クレマチスはそろそろ、もうツルを整理します。

切るのが惜しいくらい綺麗に咲く

「ヴェノサ・ヴィオレセア」

DCS_9093

 

店内で咲かせていた鉢植えのクレマチスを剪定しました。

DCS_9099

 

満開を折り返して、まだ枝先には少しだけ蕾が付いています。

でも、このタイミングで剪定すると次の2番花がしっかりと楽しめます。

DCS_9100

 

新旧両枝咲きなどは、

上からたどっていき、花芽の出ていない節のところまで切り戻しましょう。

そこで切ると早く次の2番花が咲いてくれます。

あまり大きくしたくないときはもう少し下のほうで切っても構いません。

でも、今年の春に伸びた枝のところで切ることが大切です。

DCS_9101

 

新枝咲きは、このように地際から2~3節くらいを残してバッサリと切り取ります。

DCS_9102

いずれも剪定をした時に必ず追肥を忘れないようにしましょう。

松尾正晃

スポンサーサイト
  1. 2017/06/11(日) 17:54:04|
  2. クレマチス