まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

雨から株を守る。

よく降りました!

今回はまさに恵みの雨でしたね。

柿畑や竹やぶはさぞ喜んでいることでしょう。

雨水を貯めて散水に使っていますので、十分貯金が出来たようです。

 

遅咲き性のバラと普通咲き性の2番花が次々と蕾を付けて咲き始めています。

ギヨローズは遅咲き性が多くて嬉しい品種が多くあります。

 

香り豊かでツルバラに最適な「ヴェルシーニ」。

DCS_9158

 

よく返り咲く「ポールボキューズ」等も雨にも負けずに咲いています。

DCS_9159

 

耐病性と一言に言っても、もともと親の代から受け継がれてきている遺伝的なものから、

葉に付いた傷から感染するもの、環境から発生し易くなるとき、病気に弱い植物と混在している時など、様々ですね。

 

下の写真を見てください。

雨つぶが綺麗にはじいているのが見えるでしょうか?

DCS_9156

 

人と同じで、健康で丈夫な体をしていると、感染しにくくなります。

正しく使用する肥料や、活力剤の定期的な散布や灌注、予防薬の定期的な散布、展着剤の有効利用などが挙げられます。

DCS_9157

 

まつおえんげいでの管理例を少し。

正しく使用する肥料

規定量の置き肥に加えて液体肥料の薄目を1週間に一度葉面散布しています。

②活力剤の定期的な散布

月に2度葉面散布をしています。

③予防薬の定期的な散布

やはり私たちは販売をしている為どうしても病気を出すわけにはいきません。

無農薬が理想的ですが(過去には月に1回、年6回ということにも挑戦しましたが、、、、)

現在は定期的にお店で販売している薬剤のみで定期的に散布しています。

④展着剤の有効利用

展着剤は薬剤がまんべんなく葉に広がるようにするものや、保護膜を作って雨から守ってくれるもの、葉の中に薬剤を浸透させるものなどが挙げられます。

雨の少ない高温期には展薬剤による薬害の心配もありますので規定より薄めで(1000倍希釈なら2~3000倍)使うかもしくは使用しない。

雨が続くときは、保護膜を作る展着剤を同じく薄めで使用しましょう。

 

そしてこのように地面にベラボンなどでマルチングをするのも、激しい雨による土の跳ね返りを防いだり、乾燥の防止にも役立ちます。

DCS_9160

べラボンの良いところはマルチング後に土に混ぜて用土として使用できるところです。

ヤシのチップも色々ありますが、アク抜きをしてあり、あまり細かくないものが適しています。

土に混ぜると、ベラボン特有の水を吸収すると膨らみ乾燥すると縮じむというスポンジ効果がるところです。

それによって土の中に空気の通る隙間が出来るからです。

DCS_9151

機能的な資材を有効利用することで色々なトラブルから植物を守ることが出来ますよ!

松尾正晃
スポンサーサイト
  1. 2017/06/21(水) 17:40:17|
  2. バラ