まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

これで夏も安心。

間もなく夏本番。

一番の悩みは「水やり」ですね。

「毎日の水やりが大変」、「いつもどこか忘れてしまう」、「旅行に行きたくても鉢植えがあるからいけない」

こんな悩みを解消してくれるのが自動散水システムです。

まつおえんげいも色々なところでシステムを設置してきましたが、これは自信を持っておススメできるシステムです。

農業分野でも広く使われている水やりシステムです。

DCS_9161

 

あらゆるシーンに対応できる部品が揃っています。

嬉しい特徴をいくつか紹介しましょう。

DCS_9162

 

まずは蛇口が独占されて他に使えないことの無いように

それぞれは開閉できる「3分岐蛇口ニップル」があります。

これで洗車をしながらでも、玄関の水流しでも取り外すことなくできますね!

DCS_9167

 

「固定型のタイマーは日が当たると見にくくて、覗き込まなければいけない、そして文字が小さくて見づらい」などがありましたが。

タイマーは着脱式です。これがとても使い易かったです。

DCS_9163

 

自動散水でよく問題になるのが「水道代の高さ」ですね。

このシステムには「雨センサー」があります。写真の小窓をあけるとここで雨を感知し給水を中止してくれます。

しかも雨量調整機能付きです。

雨が降っているのに水やりをしているということがなくなります。

DCS_9165

 

ご希望に応じて、お庭のミストスプレーから

ポット用にも、点滴。シャワー。やわらかシャワーと用途に応じて選んでいただけます。

DCS_9166

 

バラやクレマチスの鉢植えなら、この点滴タイプがおススメでしょう。

DCS_9174

 

庭中に灌水するならこの優れものの点滴チューブがおススメです。

ここでも疑問が?

①「良く見かけるチューブは水が勢いよく出ていたり、詰まったり、そして先のほうは水圧が足りずに出ないことがあるのでは?」

このチューブは特殊な構造になっていて、吐水量が均一になるような設計になっています。そのため安定して長い距離でも対応できます。

そして直接チューブの中まで土が入ることもほとんどありません。

②「こんな少量で足りるの?」

点滴システムは野菜栽培でもよく使われる方法で効率よく供給され、程よい水量の為植物の生育は通常の灌水より良くなります。

DCS_9172

 

③「でも何を選んでいいのわからないし、設置も面倒」

そうですね。それが一番の問題です。

それをまつおえんげいが解決します!

お宅まで行き、採寸し、見積し、施工までいたします。(区域はお尋ねください)

お店で実物を見てご相談ください。

もちろん、マンションや集合住宅や公園、バラ園などあらゆるシーンのお見積もり、設置。すべていたします。
スポンサーサイト
  1. 2017/06/23(金) 17:02:01|
  2. 未分類