まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

台風接近!荒天前後のバラのお手入れは?

明日未明ごろから九州地方に上陸しそうな台風5号

文字通りの「迷走台風」ですごい進路で日本に接近してきましたね・・・

 

普段の雨と違い、強い風と共に訪れる台風は、植物にも被害甚大

ニュースで報道されるように農作物も被害を受けますが、バラも他人事じゃありません

 

秋バラをうまく咲かせるためにも、健康にがんばってほしいこの時期、

台風の被害を出来るだけ少なく、乗り切る方法をご紹介したいと思います!

 

 

①風対策

普通の植木などの場合、葉が散ったり、突出した枝が折れたりする風の影響ですが、バラの場合やっかいなコトが・・・

それは「トゲ」の存在です

枝にびっしりとげのあるバラは、自らのトゲで葉を傷つけてしまい、病気の原因になってしまうことも(T_T)

 

そして勢いのある良い枝ほど、この時期水分が多くて重く、グングン伸びあがっていってしまいます

こうした枝は風の影響をモロに受けますので、折れないように対処してあげましょう!

 

対策はもちろん「風で揺れないよう止めつけてあげる事」もしくは「余分な長さを軽くカット」のどちらかです

どちらで対応するかは、そのバラが今よりも大きくしたバラなのか、小さく抑えたいバラなのかで決めましょう!

 

大きくしたい場合は、もちろん麻ひもなどでアーチや支柱に止めつけてあげましょう

このときのポイントは普段よりも一か所多く縛って下さい

一か所だけ止めつけてしまうと、1部分に負担がかかって折れやすくなってしまいます

2~3か所もとめてあげればばっちりです!

P8052260P8052263

どこ留めたの?って感じですね(笑

でもこの少しの違いが大違い!

植物は枝先が揺れると成長がストップしてしまいますので、特につるバラにとって揺れないように留めてあげるのはとても大切なんです

 

カットする場合はあくまで軽く調節程度に!

本格的な剪定ではありませんので、切り過ぎは厳禁です

 

 

②長雨対策

不安定な天候で曇天も続きやすくなる台風、特に長雨の影響はどんどん根を弱らせてしまいます

根が弱ると養分を吸い上げる力も弱くなり、落葉や耐病性の低下につながってしまうので要注意

こういう時に活躍するのが「活力剤」です!

 

もう何度もオススメしているので、お馴染みですが

P8052265

バイオゴールド バイタル

植物が栄養や水分を吸い上げるのを助けます。

薄めて水やりに使うのと合わせて、ジョーロなどで葉っぱにシャワーしてあげるととても効果的です!

 

バイオゴールド V-RNA

発根促進に特化した素晴らしい効果の活力剤です

お値段も相応ですが効果は折り紙付き!

 

ハイポネックス リキダス

微量要素不足や栄養素の吸収がうまくできない「夏バテの症状」にはコレ!

コスパ最強です!

 

 

③台風一過の病気対策は?

台風が過ぎ去った後、出来ればぜひ消毒してあげて下さい。

風で少なからず傷ついてしまった葉は、黒星病がとても出やすい状態です

普段使用している黒星病で構いませんので、「葉ウラ8割、葉のオモテ2割」くらいのイメージで、葉ウラを重点的に消毒!

 

薄めて使うタイプだと、

サルバトーレMEトップジンMラリー乳剤 などがオススメ

P8052257

 

ハンドスプレーだと、

フローラガードALアタックワンAL、モストップジンR などが最適です。

P8052258

 

 

そして夏の高温期には使用できない薬剤も!

ダコニール、モレスタン水和剤、アビオン(展着剤)などの使用はNG!

涼しい時期には最適な薬剤ですが、夏はご注意下さい。

P8052259

 

 

ここまで注意すれば対策は万全ですね!

とはいうものの、逸れていってくれると一番ありがたいですが・・・

スポンサーサイト
  1. 2017/08/05(土) 12:06:38|
  2. 未分類