まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

プラスチックの鉢。

鉢植えで植物を育てておられる方は健康状態を調べるのに一番良い方法は?

 

鉢から抜いてみて根の具合を確かめるのが一番わかりやすいでしょう。

植木鉢にはいろいろな素材があります。

素焼き鉢、表面に釉薬の塗ってある陶器鉢、木製、コンクリート、グラスファイバー、そしてプラスチック製鉢等です。

鉢の役目は、通気性、排水性と保水性、遮熱性、遮光性、風で倒れない重厚感等が挙げられます。

 

そこでプラスチック製の鉢は生育にはあまり向いていないのでは?と考えがちです。

でも下の画像を見てください。

この画像はバラを鉢から抜いたところです。

DSC_1418

実はこのバラはプラスチックの鉢で育てたものです。

使った鉢は「スレンダーポットSQ6号」。

植え付けは昨年12月、2年生苗を植えたものです。

植物が育つための機能を十分備えていればプラスチックの鉢でも十分健康に育てることが出来ます。

 

まつおえんげいとアップルウェア様で機能面にこだわって何度も試作を繰り返し、作り上げたこの鉢は根の健康を徹底的に守ります!

DCS_7053

 

その第2弾。「スレンダーポットSQ7号」です。

使い易さや機能面は変わらず、サイズアップし、土の容量を少しでも多く確保できる大きさになっています。

DCS_8591

春までに買ったバラやクレマチスをそのままの鉢で育てていて

「夏にどうも育ちが良くない」「水やりが大変だった」と感じておられるなら、

一度鉢から抜いて根の様子を見てください。

根が一杯になっていたなら9月初めにワンサイズだけ大きくするのもいいでしょう。

冬までにさらに根が健康に育ち、秋の花、来年の花に違いが出るでしょう。

もちろん今年苗を買おうとお考えの方で「大きな鉢は動かすのが大変で土もたくさん使う」とお困りの方にも

このスレンダーポットなら軽くて使いやすくて機能面でも間違いありません。

スポンサーサイト
  1. 2017/08/20(日) 15:46:15|
  2. バラ