まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

9月になったら

日差しは強いですが、過ごしやすい1日でした

夜温も落ち着いてきたので、バラの葉色もグッと良くなってきましたね^^

 

今日は花苗のコーナーですごくパワーをもらえるものを見つけてしまいました!

なんと、花苗コーナーの木製の台の割れた部分からカリブラコアが(*_*)

P9022326

どうやら種がこぼれて発芽したようで、見事に咲いてくれちゃっています!

植物の生命力にはホントに尊敬してしまいます。

必死に生きようとする植物の魅力をもっとたくさんの方に伝えて、

キレイに育つ花が1つでも多くなるようがんばらねば^^
それにしてもキレイなブルーですね、ここまで濃いのは珍しい気が・・・

 

 

さて、話題は変わって9月に入れば秋バラのお手入れの季節!

まだ暑い日が続くので「大丈夫?」って感じかもしれませんが、

夏のお手入れが遅れてしまうと、品種によっては秋の開花を楽しめなくなるものもあります!

早めの夏剪定やお手入れは勇気がいりますが、そろそろスタートしてあげてください

 

 

気温が落ち着いてきて、始めにやるのはまず「肥料」!

土の温度が落ち着けば、固形の肥料の出番です。

ゆっくりしっかり効く固形タイプの肥料は開花の為にとても重要。

剪定するしないにかかわらず、このタイミングであげ始めてください

 

 

まつおえんげいでは2種類の肥料を使い分けています

P9022322

若い苗や病気で弱ったバラにも使える「バイオゴールド セレクション薔薇」

 

 

P9022323

効きが強い肥料で、しっかり育った健康な株向け「オリジナルバラ用肥料」

 

株の状態に合わせて使い分けてあげると、より良く育っていってくれます!

 

 

そしてこの時期にとても大切な作業がもう一つ

それは「コガネムシの幼虫」対策です

 

ついつい忘れてしまって、気づいた時には被害にあっていることが多いコガネムシの幼虫

春の活動が活発になる6月ごろと、夏の産卵がひと段落する9月ごろ

まつおえんげいでは、この年2回の薬剤利用で被害を防いでいます。

バラ意外の植物も被害に合ったものがあればぜひ試してくださいね

 

P9022324

お勧めの薬剤は「カルホス粉剤」もしくは「ダイアジノン粒剤」です。

土に混ぜ込んで植え替えに使う場合はダイアジノン。

株元に撒いて使用する場合はカルホス。

といった具合に使い分けてあげましょう!

 

P9022328

肥料とコガネムシ対策はこれでばっちりですね!

 

夏の剪定はそろそろスタートという方も多いと思いますが、

前準備として肥料と土の虫対策は前もって実施してあげましょう!

 

 

 

松尾祐樹

スポンサーサイト
  1. 2017/09/02(土) 17:49:54|
  2. 未分類