FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

強い日差しに注意。

ヴィオルナ系「キング・スドリーム」。

紫と純白のコントラストがとても美しく、

恥ずかし気に黄色い花芯が顔をのぞかせながら、開ききることなくこのままの姿で花保ちも長く、

節々にどんどん花をつけてとても長く鑑賞できるのも嬉しいです。

_DSC4438

 

生育はよく、2メートル以上に育つのでアーチやポール、オベリスクなどで肩より上で咲かせると見応えがあります。

初期生育の段階では排水の良い用土で育ててください。

蕾もなかなか可愛いですね。

_DSC3537


関西でも栽培可能な宿根草を集めました。

今回の入荷は70品種!花壇や鉢植えで手軽に楽しめる宿根草、

宿根草の植え付けは秋が適期です。

今から植えておくと春には立派な株に育ち、花も沢山楽しめますよ。

今年は宿根草がさらに充実します。

DCS_9506


夏剪定を終えたバラも早咲き品種はもう蕾も膨らんできました。

写真はハークネスローズ「アンバー・クイーン」、わくわくします。

DCS_9508

 

ハークネスローズは病気や暑さにも強くて生育旺盛な品種を集めています。

DCS_9507

 

イングリッシュローズも生育が止まることなく元気に夏を過ごし、

大株に仕上がってきています。

DCS_9511

 

デルバール、ギヨ、バルニ、ロサオリエンティス等、

鉢植えでコンパクトにも、伸ばせば中型までのツルバラに仕立てることも出来る扱い易いシュラブの中小型品種のコーナーです。

DCS_9512

 

ツルバラコーナーです。

大きく育つツルバラや一季咲き性のツルバラなども長尺仕立てから1メートルくらいのサイズまで。

DCS_9510

10月7日(土曜日)から「秋のローズフェア」を開催します!

しっかりと育て上げた株が蕾をたくさん付けてお待ちしています。

バラに関するグッズがお買い得で勢ぞろいです。


ワンポイントアドバイス

秋の日差しは紫外線がとても強くて快晴の日は焼けるような強さです。

薬剤散布や、活力材などの葉面散布はいくら夏より気温が低いと言っても

快晴時の11時くらいから3時過ぎまでは控えるようにしましょう。

ニームオイル、乳剤やパラフィン系の展着剤などを使った薬剤などは葉焼けを起こす可能性があります。

濃度を必ず守り、朝方もしくは夕方に撒布するようにしましょう。

夕方に撒布するときは暗くなるまでに葉が乾くように時間を見計らって散布してください。

スポンサーサイト



  1. 2017/09/26(火) 17:12:07|
  2. 未分類