FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

少し咲き出しました。

遅咲き大輪系「アシュバ」。

あまり良く知られていませんが、なかなか素敵なな花なんです。

丸弁気味で花の中心に刷毛ですっとなぞったように筋が入ります。

咲き進むとやや花色は淡く変わります。

DSC_4721

 

この花は花芯が個性的です。

ちょっとピントがいまいちですが、、、

咲き始めはこのように普通の花とあまり変わりはありませんが。

_DSC4661

 

咲き進むとこんなに綺麗に開くんです。

SAD_1324

 

上向きからやや横向きに咲き 花付きがよくて、

サイズはあまり大きくならないので鉢植えでベランダなどでも楽しめます。

SAD_0536

 

ミルフィーユが咲き始めました。

花保ちも花付きもよくて細い枝にもとてもよく咲きます。

DCS_9585

 

少しきゃしゃな体付きですが木がしっかりしてくると丈夫によく育ちます。

じっくりと育てていきたいタイプのバラです。

DCS_9583

 

昨年にも紹介しました。大株仕立てです。

排水の良い あまり肥料分の多く含まれていない用土で、肥料管理をしっかりとして育てていくと、

丈夫で健康的な株に仕上がります。

DCS_9591

カタログにも品種解説のところで書き入れていますが、

少しデリケートなバラでも、用土の見直しでしっかりと株つくりが出来ます。

「植物栽培は土つくりから」昔からよく言われている言葉ですね。

 

ハークネスローズ「ロセッティローズ」

この花は花の形が咲き始めから咲き終わりまでとても美しく、

花保ちもよくて長く楽しめます。

DCS_9586

 

春の開花時の写真ですが、咲き進むシーンごとに見応えのある花です。

もちろん切り花にしても楽しめますよ。

DCS_2145

今日は初めてクレマチスを育てたいというお客様が数人来られました。

「バラをはじめて間もないのにクレマチスに挑戦するのは無理ですか?」と。

いえいえ、実はとても簡単なんです。

ツル性植物で1年のうちにこんなに何度も花を咲かせる植物は少ないんですよ。

植物を育てるのが好きで、ツルを触るのが苦手でなければ、病気や害虫の被害もそんなになくて、

意外と簡単です。

どんな場所で育てたいか??どんなサイズになってほしいか?を

ご相談ください!

シーンに合ったあなたにピッタリのクレマチスを紹介します。

スポンサーサイト



  1. 2017/10/09(月) 18:09:44|
  2. バラ