FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

白いツルバラの名花。

早咲き大輪系「アンドロメダ」。

クレマチスには珍しい花色です。

上品な淡いピンクに濃いピンクの刷毛模様が美しい半八重咲き。

花径が15センチ以上にもなる大輪です。

_DSC0359

 

花は始めのうちはこのように一重や半八重、八重と固定はしませんがそれがまた楽しみです。

花をよく見ると花弁が緑色になっているのがわかるでしょうか?

クレマチスの花は萼片だということがわかりますね。

この花は意外と花持ちが良いんです。

DSC_8823

 

デルバール「ピンク・パラダイス」

柔らかいピンクの花弁は裏側が淡い黄色のバイカラー、見る角度によって印象が変わります。

半横張り樹形のコンパクトな四季咲き性で病気にも強くて初心者でも育てやすいバラですね。

アニス、タラゴン、ローズの強い香りです。

DCS_9598

 

白いツルバラ「新雪」。

昔からバラを育てていらっしゃるお宅で純白の豪華な花が房になっていっぱい咲いているのを見かけると、

新雪が多いようです。

直立気味に大きく育つので壁面や高いフェンスなどで育てると見事ですね。

空きにも返り咲くので嬉しいツルバラです。

DCS_9600

今週末、10月14日(土曜日)に兵庫県宝塚市の「陽春園植物場」で

バラの講習会をさせていただきます。

今回のテーマは「シュラブローズってどんなバラ?」

四季咲き?ツルバラ?なぜ秋に咲かないの?等々、どうもわかりにくいシュラブローズ。

一口にくくって性質を理解できないこのグループは、いくつかのグループに分けて考えるとすっきりすると思います。

そんなシュラブローズと少しでも近づけるようにお話ししたいと思います。

スポンサーサイト



  1. 2017/10/10(火) 17:23:02|
  2. バラ