FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

雨でも咲いています。

今日はバラ教室「はじめてのバラ作り」でした。

今からバラをはじめようとお考えの方に、失敗しないバラの選び方や、栽培のポイントを説明しました。

今後は、バラ苗の選び方や冬剪定の実技などが年末にかけてあります。

詳しくは「バラ栽培教室のお知らせ」をご覧ください。

 

雨でもきれいにバラは咲いています。

ハークネスローズを少し。

レディ・マーマレード

フロリバンダで半直立のブッシュ樹形です。コンパクトで背丈も1メートルまでくらいで楽しめます。

DCS_9681

 

毎日雨なので、花色がうすく咲いていますが、、、。

DCS_9682

 

本当の花はこんなに美しい形なんです。

ハークネス特有の花型ですね。

DCS_1584

栽培のポイントは、排水の良い用土で植えること。

やや暑さにデリケートなところがありますが、排水の良い用土で植えると全く問題なく元気に育ちます。

 

レメン・ブランス

1992年と古い品種ですが、ガーデンの手前でボーダーなどで低く咲かせるところに向いています。

コンパクトな小さめの樹形で、とてもよく咲きます。

しかも花が雨に強くて退色もあまりありません。

DCS_9684

 

ヨーク・ミンスター

中輪咲きで、香りが強くて雨に強い花です。

もう少し濃いアプリコットで咲くこともあります。

DCS_9687


ビチセラ系「エミリア・プラター」。

淡いブルー系で中輪をお探しなら第一候補にこの品種を考えてみては?

中輪で四季咲き性が強くて、弁端が外側に反り返るように咲くさまも特徴的です。

DCS_2376

 

花付きが抜群で数年で株を覆うほどに咲きます。

背丈は2m~3mくらいで、淡い藤色でやや横向き加減に咲くので肩より上くらいから咲かせると見応えがあります。

_RST4733

 

お知らせとお詫び

カタログに掲載しています「イングリッシュローズのスタンダード仕立て」が入荷の見込みが難しくなるとのことですので

販売を中止させていただきます。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

スポンサーサイト



  1. 2017/10/21(土) 17:21:30|
  2. バラ