FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

植物の住環境って?

今日は予想以上に風も強くて、とても寒い一日でした。

今も雪が降り、道は少し積もってきました。

今年は積もるような日は一日もありませんでした。

例年なら数日は積もるのですが、今夜は少し積もるのでしょうか?

 

さて、今日は「クレマチス教室②・冬の剪定と誘引」でした。

今迄の教室では参加者が数人という、とても少ない教室でしたが、

今年は参加者も多く、今日は30人弱の方々が参加していただきました。

旧枝咲き、新枝咲き、新旧両枝咲きの3品種の切り方や誘引の仕方を実技をまじえて説明しました。

DSC_2159

毎回悩むのは、「いかに皆さんによく理解していただくか?」

これに尽きますね。

悩みは「旧枝咲き、新枝咲き、新旧両枝咲き」そして「強剪定・中剪定・弱剪定・任意剪定」です。

混同してしまったり、ごちゃごちゃになってわかりにくいところです。

それを初心者の方から、数年育てていらっしゃる方まで皆さんにわかるように説明することが大切です。

レジュメも順序を追って書き、わかりやすくする必要があります。

自分がわかっていても相手に伝わらなければ意味がありませんからね。

これからもわかりやすく、そして「私ももっとやってみよう」と思っていただけるようにしなければ。


そして先日、

とある学校のマーガレットの移植作業をしました。

かなり年数の経った株なのですが、今の大きさをそのままにして移植してほしいとのリクエストでした。

出来るだけ根を切らないようにして、抜いた後は素早く次の場所に植えなければいけません。

DSC_2156

 

次に植える場所は、深さ50センチ以上古い土を全て取り除き、そこに水はけを良くするために改良材をいれて。

現在ある用土をふるいにかけて、よい土だけ使います。

その土とまつおえんげいオリジナル宿根草専用培養土を混ぜ合わせて用土は完成です。

素早く植え込んで、土を足などで抑えずにしっかりと水やりをして「水きめ」をします。

一番時間がかかったのが、水やりの時間でした。

DSC_2157

 

手前に学校で管理されていたバラを植え込みました。

ここには「バラ専用培養土」を何も混ぜないで入れ、元肥をしっかりと入れて植え込みました。

これで、春が楽しみです。

マーガレットは今年中に形よく、バラは春にはしっかりと咲くでしょう。

DSC_2158

植物の住環境を整えることが栽培の第一歩です。

スポンサーサイト
  1. 2018/02/17(土) 18:19:34|
  2. クレマチス