FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

バラの始まり。

今朝も霜の降りるような気温でした。気温は0度以下。

でも春は着実に進んでいます。

モッコウバラの開花株、これは温室育ちなので気温に葉関係ありませんが。

気持ちは春になってきました。日中は暖かでしたのでお客様も多くてにぎわいましたね。

バラの芽もスイッチが入ってきたようです。

DCS_0112

 

モッコウバラと言えば、このように豪華に咲かせるのがだいご味です。

高いところ等から枝垂れるように咲かせると見事です。

春、他のバラに先駆けて咲くので存在感もたっぷりです。

シーズンの始まりを告げるバラですね。

DCS_1359

 

でもスペースがないところ等ではこのように咲かせたいところに咲かせることも出来ます。

DCS_0436

 

でもモッコウバラは一季咲きだからと言われる方も多くいらっしゃいます。

他のバラもありますが、棘があるものも多く、なかなか同じようなバラは無いものです。

 

比較的近い品種が、スノーグースとモーヴァンヒルズです。

棘がほとんどなくて、扱いやすくて春以降もよく返り咲きます(成木になってから)。

病気にも強くておススメのバラです。

樹形は少し違いますが。

スノーグースは、斜め横によく伸びる枝で初期生育はややゆっくりですが、

伸びだすとこのように毎年豪華に咲かせることが出来ます。

この場所はスペースに限りがあるので自由に伸ばしていませんが、

伸ばせばモッコウバラのように下垂させて咲かせることも出来ます。

DCS_1930

 

こちらは、モーヴァンヒルズ。

同じく棘は少なく、生育は旺盛でモッコウバラより太く成長します。

咲き始めは黄色で咲き進むと淡くなり、グラデーションも美しく楽しめます。

DCS_1882

いずれもサイズはモッコウバラ位で楽しめますし、病気にも強くて棘も少なめ。

樹形はやや上によく伸びますが、剪定でコントロールすることも可能です。

いずれもイングリッシュローズです。

イングリッシュローズの中では一番大きくなる品種でおススメです。

今週は、気温がぐっと上がるようなので、

今年消毒をまだしていない方は早めに殺菌剤を散布して病気の予防を心がけてください。

植え替えをしていない株も忘れずに肥料を与えてくださいね。

スポンサーサイト
  1. 2018/03/11(日) 18:41:40|
  2. バラ