FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

油断大敵です。

三寒四温とはよく言ったもので猫の目のように変わる天候に人は体調を崩しますね。

でも植物は、先日の暖かい日を経験するとスイッチが入ります。

一度入ったスイッチは止めることはできません。

暖かい日が続くと生長を進め、寒い日が来ると少し休みます。

このタイミングが霜などの被害を一番受けやすい時です。

バラなどは比較的寒暖差には強い方ですが、

今迄、屋根の下に置いていた鉢を暖かくなってきたので外の出したという方や、

ハウス栽培の苗などを購入した方は注意しましょう。

朝起きたら、しなっとなっていたということになりかねません。

4月20日位までは毎年油断の出来ない期間です。

出来れば天気予報をチェックして最低気温が5~6°以下に下がる予報なら、

買ったばかりの植物は屋根の下に避難させましょう。


ハークネスローズを2品種紹介します。

キャンドス・ビューティ」(店頭販売のみ)

香り高い四季咲き大輪です。

樹形は直立気味に大きく伸びるので、花壇のポイントとしてもよく、

鉢植えなら玄関等で存在感があり香りでお客様を迎えることが出来ますよ。

DCS_1456

 

淡いピーチピンクで花持ちもよくて、切り花としても楽しめます。

DCS_1589

DCS_1597

 

「キャリス」

こちらも四季咲き性大輪品種です。

ご覧のように半横張り気味の比較的まとまりよくコンパクトな樹形です。

DCS_1551

 

香りは微香ですが、蕾から開くまでがゆっくりなのでとても長く楽しめます。

DCS_1545

 

咲ききった状態でもこんな感じです。

DCS_0054

どちらも耐病性は高くて、初心者の方でも容易に育てることが出来ます。

最近のハークネスローズはまつおえんげいで無農薬で試作をしていますので、

耐病性や耐暑性なども暑い京都で耐えてきた作りやすい品種が多くなっています。

スポンサーサイト
  1. 2018/03/16(金) 18:27:50|
  2. バラ