FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

天候の急変。

今日はクレマチス教室でした。

今迄は、人気はあれども今一つ敷居の高かった植物でした。

でも、今年から始めたクレマチス教室は毎回沢山の方々に聞いていただける様になりました。

今日は30人を超える参加者で皆さん熱心に聞いていただけたようでした。

僕も勉強になるような質問も多くてやってよかったと感じています。

少しでも身近な植物になればいいですね。

received_187999885322723

 

さて、今日は朝から風が強くて、昼からはヒョウやあられの強く降る荒れ模様の天候でした。

春は毎年、このように猫の目のように変わる天候なんですね。

「三寒四温」を繰り返し暖かくなっていくのが春の気候です。

今年は特に、夏日のように暑い日があったり、真冬のように寒い日があったりという激変する気温です。

こんな時に人は暖かくする方法がありますが、

植物にはそういう方法はありません。

プロのように、ハウス栽培なら暖房が出来ますが、皆さんの庭ではそういうわけにはいきませんね。

まつおえんげいでも今夜は最低気温が3度くらいに下がるので灯油を入れて再度暖房をしました。

DCS_0218

 

新しく入荷した、春の植物はハウスで生産されているので気温の低くなる日はこのように温室内に入れています。

DCS_0219

温かくなってから咲く花が今販売されているということは、やはり暖房設備のある温室育ちです。

寒い日は屋根の下や軒下に入れましょう。

そして今年よく御相談をうけるのが、「一旦出た芽が最近萎れてきた」というお声です。

これは、2~3月に暖かい日が続くと植物は芽を出します。

そこへ極端な低温にあうと寒さでしおれてしまうんです。

クレマチスの芽が萎れたときは土の中の根や潜んでいる芽は生きていますので再度新しい芽が出てきます。

バラの芽が萎れたときは、株がしっかりとしていれば、下にある芽や萎れた芽の両側にある芽が再度伸びてきます。

軒下などでそのまま様子を見ましょう。

でも、そんなときに一番気を付けなければいけないことが、水やりです

元気がないとどうしても水や肥料などをやりがちですが、これはいけません。

水は控えて「土の表面が乾いてからたっぷりと与える」これが鉄則です。

でも、天候の急変は仕方ないですね。

誰のせいでもありませんから。

これからは温暖化などの影響で夏も冬も今迄の栽培方法では通用しないことが起きると思います。

冬や春先の天候の急変するときは防寒も必要でしょう。

そんな、今迄と違う栽培方法を私たちが正しく説明できるように考えていきたいと思います。

スポンサーサイト
  1. 2018/04/07(土) 18:54:01|
  2. 未分類