FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

明日は消毒です。

ぽつぽつと咲き出してきました。

「ベルベティ・トワイライト」

花保ちの良いダークな花はダマスクとティの混ざるとても強い香りが魅力です。

大きめのマットな葉もさらにシックな印象に。

DCS_0322

 

「恋結び」

京成バラ園芸・2017年発表の新品種。

強い香りとウォームピンクの大輪花です。

DCS_0325

 

今朝たっぷりと水やりをしたのであまり乾いていませんが、

夕方に水やりをしました。

少しやり過ぎなのでは?と思っていらっしゃいませんか?

何故か?

DCS_0318

 

その答えは、、、、。

明日の朝消毒をするからです。

明後日にしっかりと雨が降る予報なので予防消毒をします。

浸透性の殺虫剤と予防殺菌剤です。

DCS_0319

「消毒をする前になぜ水やりを?葉が濡れるのでよくないのでは?」

当然そう考えますよね。

答えは薬害を防ぐためなんです。

土が、からからに乾いている時は株はとても喉が渇いています。

そんな時に消毒をすると、一気に薬剤の水分を葉から吸収しようとするんです。

急激に早く薬剤を吸うために、葉が焼けたようになったりする薬害という症状が出る可能性が高くなります。

それを防ぐために、予め体に十分な水分を含ませておくと薬害が出にくくなります。

からからに乾いている時に薬剤散布で水やりも兼ねていると考えることは良くありません。

注意しましょう。

スポンサーサイト
  1. 2018/04/30(月) 18:09:03|
  2. バラ