FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

ツルバラの花後の剪定始めました。

ツルバラの花後の剪定を始めました。

剪定と言えば冬剪定や四季咲き性の夏剪定がよく言われますが、

僕は花後の剪定が一番大切だと感じます。

この時期の剪定が来年のツルバラの姿や花の咲く枝を作るためにとっても大切な作業ではないでしょうか?

選定を終えた株を是非ご覧になってくださいね。

 

まだまだ楽しめるバラ第2弾。

後ろにあるのはミニのツルバラ「雪あかり」

株一面に咲く小型のツルバラです。

手前にはまつおえんげいオリジナル品種「ジャンティーユ」

DCS_0471

他よりやや遅めに咲き、フリルのかかる花びらで香りも爽やか。

花保ちがとてもよくて四季咲き性も抜群です。

DCS_4586

 

イングリッシュローズ「チャールズ・レニ・マッキントッシュ」

ミルラの香りが素晴らしく四季咲き性も抜群なコンパクトな半横張り樹形のブッシュローズです。

今のうちに買っておきませんか?

DCS_0467

 

赤バラを3品種

ペイズリー・アビィ(イギリス・ハークネス)

やや横張樹形のシュラブローズです。枝を伸ばしてツルバラ仕立てにも出来、

冬の剪定で鉢植え仕立てにも。

とても暑さや雨に強くて花保ちも抜群です。

もちろん病気にも強いバラです。

DCS_0472

 

オマージュ・ア・バルバラ(フランス・デルバール)

デルバールの本社にもこのバラだけのコーナーが有ります。

メンテナンスフリーなとても強い四季咲き性のコンパクトなバラです。

渋い黒赤の花は、同じく花保ちがとてもよくて雨にも暑さにも強い優秀なバラです。

DCS_0468

 

スカーレットボニカ(フランス・メイアン)

コンパクトな半横張り樹形でとても丈夫で黒点病に強いバラです。

初心者にも簡単に栽培できますよ。

DCS_0470

スポンサーサイト
  1. 2018/05/26(土) 19:22:15|
  2. バラ