まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

皆さんのバラはどんな様子?

梅雨の中休みが数日続きそうですね。

晴れた日でも湿度が高くムシムシする日になりそうです。

今日はバラ教室「梅雨の栽培管理と病害虫について」でした。

生育具合で変える管理方法と薬剤について誤解や不安を解けるように説明させていただきました。

16日(土曜日)10:30~同じ内容で開催します。

 

さて、皆さんのバラは今どんな様子でしょうか?

最近買ったばかりの鉢植え(昨年12月以降)の今の様子を参考に

お店のバラで簡単に今からの管理をお話ししましょう。

 

四季咲き性のバラは今も2~3番花が元気に蕾をつけています。

このように次々と花の咲く品種は肥料切れをさせないように定期的に置肥を与えて液体肥料も月に2~3回与えましょう。

でも、梅雨が明けたら高温の日が続きます。そんなときは置肥をやめて液体肥料だけにすると夏に調子を崩す確率も低くなります。

DCS_0531

 

ツルバラの鉢植えです。

元気なシュートがどんどん出てきているものやあまり出ていないものもあるでしょう。

元気な株は問題ありませんが、肥料は梅雨明けくらいまで与えてください。

少し元気の無い株は鉢が小さいか、水やりなどが多すぎたか、病気で葉が落ちたか?等が原因でしょう。

鉢がそのままなら少し大きな鉢に植え替えてください、その時に根を切らないように注意しましょう。

よく見かけるのが水のやり過ぎです。決まった時間にどんな状態でも水を与えすぎると土の中に綺麗な空気が入りません。

土の中に空気がよく通るように支柱などで穴あけをしてハイフレッシュなどを小さじすりきり一杯くらい与えてみてください。

そして液肥中心にしましょう。

DCS_0533

 

地植えのバラは花後の剪定のあとにこのように元気な枝が色々なところから出てきます。

お礼肥を与えてある方は1か月後くらいにもう一回位与えましょう。

新しい枝が出るには十分な肥料が必要です。

DCS_0532

 

まつおえんげいにはこんな株もあります。

長尺苗を再度作り直すために切り戻しをした株です。

肥料を与えて水を控えめにするとこのように元気な芽が沢山出てきています。

バラは切って枯れることはほとんどありません。気を付けないといけないのは、

切り戻し後に水を与えすぎないこと、肥料も通常の半分くらいにしておいて、芽が伸びだしたら規定量を与えるようにしましょう。

DCS_0534

 

まつおえんげいでは販売する苗に病気を出すわけにはいかないので定期的に消毒をしています。

それにもかかわらず雨が続くと病気が出てしまう品種があります。

一見病気はなさそうに見えますが、、、。

DCS_0526

 

株元に近いところに、黒点病が少し。

2~3枚の葉に出始めています。

庭でもこのように病気の出始めが確認できたらその株だけ1週間に一回くらいのペースで治療薬を散布して進行を抑えるようにします。

葉が沢山あるようなら病気の葉だけ切り取って消毒をするとより効果的です。

DCS_0527

今の時期は株元を中心にチェックして病気が発生していないかどうか、

まめに見るようにしましょうね。

明日は定休日です。お間違えの無いようにしてください。

スポンサーサイト
  1. 2018/06/13(水) 17:08:11|
  2. バラ