FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

カボクの季節

梅雨雲の切れ間、今日は暑い1日になりましたね。

店内の植物もすっかり夏模様ですが、草花たちは連日の強い雨と日差しの繰り返しで、少しくったりとしています。

 

そんな中元気に花を咲かせてくれる植物も、これからの旬。

初夏から咲き始める花木類や熱帯花木は近年注目の兆し!

 

 

P1012928

これはムクゲ「ラベンダーシフォン」という品種

花は10cm強くらいの大輪ですが、つぼみもどんどん膨らんできていてこれからが見ごろです。

ムクゲはハイビスカスに近い花木で、3~4mくらいまで大きく育つのですが、

このラベンダーシフォンは2mくらいで収まるお行儀の良いムクゲです。

昨日は強い雨にあたったのですが、ムクゲの花は雨にも強く優秀です!

色違いのブルーもありますよ^^

 

そして熱帯花木の代表といえば、

趣味の園芸でも紹介されていましたが、「プルメリア」は最近大注目の熱帯花木!

P1012930

淡いアプリコット色の花が一般的ですが、赤花や2色咲きのタイプなど、

海外から色々な種類が、どんどん日本に入荷してきているんですよ~!写真の品種は「レッドジャック」

ちらほらと夏中咲き続けてくれるうえに、花だけを積んでガラスのカップに浮かべてあげると気分は南国♪

甘い香りもプルメリアの良いトコロですね^^

熱帯性なので、冬のお手入れはコツがあります。お店で気軽にお尋ねください

 

 

P1012935

ちょっと変わり種も!「ボタンクサギ」という名前はご存知の方もいらっしゃるでしょうか?

園芸種では「クレロデンドルム プンゲイ」という名前が付いた花木で、やせ地でもガンガン育つ頼もしい奴です

ただ、そこそこ大きく育っていくので、鉢植えやあまり通路エリアに近い場所への植え込みには向きません。

日照の強すぎるエリアや、土壌が悪く草花は育たない・・・かといって植木を植えるほど大げさにしたくない。みたいな場所には最適かもしれませんね

 

 

 

P1012937

最後はこちら「ジャカランダ」  (画像の左側)

春のスペインやメキシコに行ったことのある方は、ジャカランダの花を見た方もいらっしゃるかもしれません。

じつはこの木「世界三大花木」のひとつで、青~紫色の幻想的な花を咲かせるたいへん美しい木なんです。

ですが、残念ながら日本の冬には適応できないので、夏の間だけ楽しむしかないのですが・・・

この夏しか楽しめないジャカランダをまつおえんげいがオススメするにはわけが・・・

 

じつはジャカランダという木、成長が早くモリモリ育ってくれるので「草花の日よけ、雨よけ」に最適なんです!

夏の強烈な日差しで花びらが焼けてしまったり、急な激しい夕立でせっかくの花がボロボロになった経験ありませんか?

もし、そのような過酷な環境の鉢植えで草花を育てる時は、鉢の真ん中にジャカランダを植えてみて下さい

やさしく広がるジャカランダの枝葉が、株元の草花を守る日傘になってくれることでしょう

残念ながら日本で花は楽しめませんケドね^^;

 

 

草花ばかりになってしまいがちな、夏のガーデニング。

花木ならぬ夏木(かぼく)で、ちょっと雰囲気を変えて楽しむのもオススメですよ!

スポンサーサイト
  1. 2018/06/24(日) 17:31:42|
  2. 未分類