FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

根は健康のバロメーター。

京都は3時ごろから激しい夕立が降りました。

ぐっと涼しくなって快適な夜になりそうです。

 

「ノリウツギ・ライムライト」が入荷しました。

しっかりと作り込んであります。

DCS_0605

 

実はこの鉢植え、まつおえんげいとアップルウェアさんの共同開発の

「スレンダーポットSQ6号」に植えてあります!

何だかうれしくなりますね。

根はこのようにバランスよく綺麗に張っています。

スレンダーポットの良さは健康な根作りですから。

DCS_0606

 

そして、

まつおえんげいの今の仕事は根詰まりをおこした花苗の植え替えです。

「こんな暑い時期に植え替えてもいいの?」

皆さんの花は、すでに庭やポットに植え替えていらっしゃるので植え替える必要はありませんが。

販売している苗は根詰まりしている場合が多くあります。

根が乾燥している時に根鉢を優しくほぐして、周りの土を落として新しい土で植え替えています。

その時に緩効性の化成肥料などを、少量土の上に撒いておきます。

DCS_0597

 

ポットが小さくて花が咲かずに枯れていたマーガレットも少し大きな鉢に植え替えて2週間ほどでこんなに元気になりました。

植え替える時のポイントは、根鉢の肩の部分と底を優しくほぐすこと。

そうすることで、新しい土とのあたりが良くなって早く根が出るようになります。

DCS_0598

暑さで元気がないと思う前に、土の中をよく観察してみましょう。

底の根が黒く変色していたら、暑さや、根詰まりで排水が悪くなって元気がなくなっています。

そんな時には植え替えると驚くほど元気を取り戻しますよ。

ほぐせないようなら一回りだけ大きな鉢に植え替えるのも一案です。

 

ギヨローズ「エリアーヌ・ジレ」

濃い赤の蕾から開くとピンクを薄くまとったクリームホワイトに。

今でもこんなによく返り咲いています。病気にも強くてコンパクトなので、

大きくしたくない場所などにも使えます。

DCS_0599

 

「ピエール・ドゥ・ロンサール」

もう15年くらい経っている株です。

とてもよく返り咲きます。

返り咲きや四季咲き性のツルバラといわれるものでも、

植えて数年は春しか咲かないことがよくありますね。

成木になるまでの数年間は成長に力を使うので花が咲きにくくなることがよくあります。

じっくりと見守ってあげましょう。

DCS_0600

スポンサーサイト
  1. 2018/07/09(月) 18:10:35|
  2. 未分類