FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

土壌は命。

一昨年、とある中学校にバラの花壇を作りましたが、

事情があって取り壊して再度新しく作り直すことになりました。

これは撤去前のバラの様子です。

2年生苗を植えつけてわずか9ヶ月でこんなに大きくなったのですが残念です。

この時深さ60センチ以上土を入れ替えさせて頂いたので、それがよかったのでしょう。

DSC_1858

 

さて、ほぼ1年ぶりに新しい花壇が出来ましたので再度土入れから始めます。

まずは最低60センチ~70センチ土を取り出しました。

本当はもう少し掘りたかったのですが、排水パイプや基礎などがあるのでここまでです。

そして今回はベルツモアさんのアーチとフェンス、オベリスクを設置することになりました。

昨今の台風などにも耐えられて丈夫なアーチと言えばベルツモアが一番信頼のおけるところなので。

オーダーも細かく聞いてくれるのでお客様にも喜ばれています。

 

まずは排水を良くするためにさらに深く掘り下げて下の土を柔らかくしてから

ごろ石を敷き詰めます。

DSC_3100

 

さらに中粒の上質のゼオライトを敷きます。

DSC_3103

 

ここは耕運機や重機などを使うほどの大きさではないのですべて手作業です。

まつおえんげい特製のバラ専用土壌改良材と基本用土(真砂土)を何層にもサンドイッチして耕す。

DSC_3105

 

フェンスの基礎部分まで6層くらいを耕しました。

DSC_0035

 

アーチを設置して補強、数日経ってから再度、規定の深さまで土をひたすら入れます!

真砂土を入れて平らにならし。

DSC_0118

 

バラ専用土壌改良材を入れて平らにならし。

DSC_0127

 

混ぜ終わったら均一に混ざっているかをチェック。

現場の監督さんも立ち会って検査です。

DSC_0133

さて、これから何度かの雨などで土が落ち着いたところで、11月下旬にバラを植え込みます。

アーチやフェンス、バラを植え込んだところは完成してからご紹介します。

生徒さんたちも楽しみにされているので、1年間は私たちが管理のお手伝いをして、成木になるまで育てます。

土壌は命ですね!

スポンサーサイト



  1. 2018/10/26(金) 19:09:33|
  2. バラ