FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

アーマンディー

早春咲き常緑クレマチス
   「アーマンディー」
旧枝咲き(一季咲き)
花期:3~4月
花径:4~5cm
草丈:2~3m
芳香性あり(甘い香り)

皆さんのお庭のクレマチスは新芽が膨らんできているのではないでしょうか
今シーズンは寒い冬のせいで開花も少しだけ遅れてしまいそうです。
でもしっかり新芽が膨らみ、準備は整っているようです。

今回はクレマチスの 常緑早春咲き品種「アーマンディー」のご紹介です
DSC_0047_20120309182014.jpg
DSC_0051.jpg
常緑と聞くと「ウロフィラ(アンスンエンシス)」を思い出される方も
おられると思いますが、同じ常緑でもこちらは大きくツルを伸ばす品種です
大きく育てると、家の壁面をカバーしたり、ガゼボの屋根を覆い尽くすほど
良く伸びるクレマチスです。
大きく伸びるだけあって葉も大きく、3枚葉の品種です。
そして、クレマチスには珍しく甘い香りがあり大きく育てて花を咲かせると
庭中に甘い香りが広がります。
生育旺盛で大変育てやすく、常緑で香りのありますので落葉する植物(バラなど)
の背景に這わせると、落葉したお庭も彩ることが出来ます。
DSC_0052_20120309182013.jpg
限られたスペースで、あまり大きくしたくない場合には花後すぐに小さく剪定すれば
大きさを調整することが出来ます。

人気のある品種で、花が咲くころには完売になってしまう事も多いので
今のうちにお庭のプランを立てて、植え込みされてはいかがでしょうか?




バイランド

2008年 Mathias Tantau, jr


バイランド

中輪房咲きの優秀な開花性を持つフロリバンダローズ。
フロリバンダの中でも、このバイランドのような「カップロゼット咲き」の物はまだまだ少なく
小ぶりな花ながらとっても華やかな印象を与えてくれます。
病気にも強く、コンパクトな樹形なのでとても扱いやすい品種。
多花性の品種は肥料が完全に切れてしまうと生育がストップしてしまうので、
定期的に置き肥を与えましょう。
スポンサーサイト



  1. 2012/03/09(金) 18:47:33|
  2. クレマチス