FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

クレマチス「ヴィヴィアン・ペンネル」

お持ちのクレマチスの具合はいかがでしょうか?

今シーズンの寒さのせいで、新芽の伸びが遅いです

vivian.jpg
「ヴィヴィアン・ペンネル」
新旧両枝咲き・花期5~10月・花径:12~15cm・草丈1.5~2m

早咲き大輪系で 本当に大きな花を咲かせてくれます
おまけに 一重・八重・半八重 など株が充実してくればいろんな表情も
楽しませてくれる大変豪華な品種です。
比較的コンパクトに育ちますので、小さ目のフェンスや植木鉢でも栽培できます。

昨年はどの系統のクレマチスも、この時期にはツルの誘引(つるまき)をはじめていたのですが
今年はまだこんな状態です。

DSC_7448_20120313182147.jpg

来週くらいからつるまきが始まりそうです。
まきだすと 追われるように作業が続きますがそのうちにご褒美の
蕾をたくさんつけてくれますので、それまでの辛抱です。
頑張って巻き上げてあげましょう。

巻き上げのポイントは
★アンドンの外側を同一方向で巻き上げます。
 こうすることで、ツルが外側、内側に絡むことなく剪定も楽になります
 蕾が見えてきたら、蕾の位置を調整して花が固まらないようにすれば
 咲かせたい場所に咲かせることも出来ます。

★浸透移行性の殺虫剤で生育初期の害虫を予防します。
 春に気温が上がってくると、越冬した害虫がすぐに活動を始めます。
 つるまきが始まるころに「浸透移行性」の殺虫剤を与えることで
 初期の害虫被害を防げますので、大変効果的です。
DSC_7449.jpg




スヴェニール・ドゥ・セントアンズ

1916年以前 イギリス


Aスヴニール・ドゥ・セントアンズ

DSC_0442.jpg


スヴェニール・ドゥ・ラ・マルメゾンの枝替わり。
性質はそれほど変わらないが弁数が少なく、とてもよく繰り返して咲いてくれる。
コンパクトな樹形で、開花回数の少ない大輪系シュラブの足元を華やかに彩ってくれます。
甘いティーローズ香をもち、晩秋までよく咲いてくれる。
スポンサーサイト



  1. 2012/03/13(火) 18:19:07|
  2. クレマチス