FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

今年こそ被害に遭わない為に!

春にせっかく咲かせたバラの花の中を動き回り、ボロボロにしてしまう憎い奴。

コガネムシには本当にうんざりさせられますよね。


体の大きいコガネムシには、浸透移行性の薬剤も効果が弱く
飛来してくるので直接かけるタイプの薬剤もあまり役に立ちません。


1匹1匹捕まえるのにも、山の近くの方(近年は都市部でも被害は多いそうですが。。)は
次から次へとコガネムシが来てしまいます。


そこで、まつおえんげいが数年前からオススメしている資材の紹介です。


コガネムシ専用トラップ「ニトルアー」

DSC_0113_20120324171156.jpg



薬剤などで殺すような物ではなく、捕殺するトラップです。
一度入ると出られない仕組みになっています。
コガネムシの好む誘引剤と長期間効果の続くフェロモン誘引剤のダブル効果で
強力にコガネムシを引き付けます!
効果はスタッフの折り紙つき!すごくたくさん捕まります。。。

『しっかりと効果を高める為のポイント』
コガネムシは基本的に「白い花」に寄り付き易いんです!
花びらでは無く、主にしべを食害していますので、白い花でシベの見えるバラは要注意。
白系or薄いピンク系の品種や花びらの少ないバラの近くに設置する事をオススメします。

一度の設置で効果はなんと「180日」
5月に設置すれば、秋バラのピーク時期までしっかり防除出来ます!

ケースはなんどでも使えるので、誘引剤の交換だけで長くお使い頂けます!


そして、4月入荷分より「価格が上がります!」
どの程度の価格の変更かはまだ不明ですが、今ご購入いただくのがお得ですので
この機会にぜひ一度お試しください!




スヴェニール・ドゥ・テリーゼヴァルドン(香粉蓮)

1854年 Marest


スヴェニールデリーゼバルドン3
スヴェニールデリーゼバルドン2
コウフンレン2

季節や日照条件によって様々な姿を楽しませてくれるバラ。
四季咲き性のコンパクトな品種で、鉢植え栽培にも向く。
細い枝にも開花が起こり易いので、あまり深く剪定しすぎないように注意。
今年はどんな花を楽しませてくれるのか、毎年楽しみにしています。
四季咲き・コンパクト。
鉢栽培の答えはティーローズやチャイナローズにあるように感じます。
スポンサーサイト



  1. 2012/03/24(土) 19:56:06|
  2. 入荷しました!