FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

「カシス」フロリダ系

今年は春一番が吹きませんでしたが、ここ数日の強い風が少し遅めの春一番でしょうか

少しづつ春の気配を感じて、クレマチスたちも芽を動かしてきました

毎年この頃になると「ツルの誘引」が毎日の日課になるのですが

今年はまだまだ芽が動き出した程度で、伸びも遅いように感じます。

その中でも、フロリダ系は一足早くツルを伸ばし始め、誘引作業も始まりました

フロリダ系は中国に自生(日本にも自生していたとも言われている)していた

「テッセン」をもとに交配をしたり、枝変わりを選抜するなどして作出されている系統です。

ツルがあまり太くならならないので、ツルはしなやかなラインが描けますし、

晩秋までよく花を付けてくれるので、12月ごろまで咲くこともあります(花色は緑がかりますが)

その中でも八重咲き品種は特に人気があります。

「白万重」「レディーキョーコ」「シシマル」「ペパーミント」などがありますが

今回は「カシス」のご紹介です。

DSC_7704.jpg

最初に大きく外側の花弁が開いて、そのあと中心の花弁が順次開いていく

環境により花色が濃くなったり薄くなったりと変化のある花で

濃い紫色の花弁全体に刷毛目模様が入ります。

独特の濃い紫の花色がどの花と組み合わせても人目を惹きます

花茎(ステム)が長めですので、大きく這わせてひらひらと花が風になびくように

使うとエレガントに楽染むことができます。

日当たりが悪かったり、気温が高めで開花すると薄くなるようです。

薄い花色も魅力的ですので、花色の違いを楽しむのも面白いですね

自然開花の株は開花はまだですが、加温して開花させた株はいろいろな品種が出回り始めています

植木鉢で楽しむのもいいものですが、今年まつおえんげいおすすめの「寄せ植え」はいかがですか

DSC_7700.jpg

蔓が伸びだしている時期には寄せ植えしてある草花を楽しみ、クレマチスが咲いて来れば

とっても豪華な寄せ植えに変身します。

少し大きめの植木鉢に植え込むのがポイントですが

一つの鉢を長く楽しむためにとても効果的です。

今からでも間に合いますので、ぜひお試しください。





ボリュデュール・アブリコ

2009年 Arnaud Delbard

DSC_6102_20120328181659.jpg

見事な花あがりと耐病性で、とても優秀な四季咲き品種。
花保ちも長く、たくさんの蕾が房になり徐々に咲いてきますので、1回の花期で長く楽しめます。
花後にはしっかりと剪定し、花後の肥料は欠かさず与えましょう。
スポンサーサイト



  1. 2012/03/29(木) 09:00:30|
  2. クレマチス