FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

準備完了です。

今年ほど、天候に恵まれた年は近年ではあまり経験していません。

冬が寒くて、春は花冷えで5月に入ってからも昨年ほど30度に近い日もなく
しかもまつおえんげいのところは夜温が低くて
バラには最高です。

もうこれからはいつ来ていただいても見頃です。
そして、買いごろ?です。

園内に植え込んであり開花しているバラの苗はすでに完売のものが出てきています。

しかし本日は、どうゆうわけか日曜日より多いお客様で
「人が多すぎて酔うわね」言っておられる方も何人かおられました。

わざわざ、石川県から大勢で来ていただいた○○様方。
本当に遠方からありがとうございました。
もう少し、ゆっくりお話がしたかったのですが、ばたばたしていてすみませんでした。


お客様をお迎えする玄関アーチのフィリスバイドも咲いてきました。
直立気味に大きく伸びて、高いところで散開状になります。
ポリアンサのツルなので、枝を強く剪定してもよく咲きますので
このように構造物に沿わせて咲かせることが可能です。
このバラは非常に花持ちが良く緑に変わるまで観賞できます。
しかも良く返り咲きます。
DSC_1225.jpg

そして、はるじょおん前の名物。
イングリッシュローズの
スノーグース。
屋根の下に誘引しています。
店内の日の当たらないところでもよく咲いています。
玄関からは枝垂れて咲くように仕立てています。
陰でもよく咲き、病気に強く、害虫もあまりつきません。
カーポートの下(この場合、車が非常に汚れますが。)、壁面、高く長いフェンスなどに。
DSC_1216.jpg

事務所の壁の様子です。
左から、
ポールズヒマラヤンムスクランブラー(まだ1分咲きです)
マダムフィガロ(これはまだ開花していません)

右下、ローズポンパドゥール
右上、ツルジュリア

この組み合わせ
いいですねー。
石垣のほんのわずかのスペースに植えていますが、
こんなに良く育ってくれました。
ローズポンパドゥールの高さがちょうどスタッフの顔の位置になります。

秘訣ははるじょおんスタッフがせっせと与えている
バイオホールドの活力剤「バイタル」
固形肥料「セレクション薔薇」
の効果が表れているようです。
DSC_1194.jpg


僕のおすすめのバラの1つ。
アッシュウェンズデイ
このグレイッシュな感じがいいですね。
毎年このスペースで咲かせています。
その秘訣は、開花後に枝を外して、枝先を下げてツルをアーチ状にします。
そうするとアーチ状になった枝の、株に近いところからシュートが良く出ます。
冬に株元に近い枝で誘引すると毎年同じ大きさに仕立てられます。

しかし活字で書くと分かりずらいですねー。

是非お店で枝を眺めてください。
1季咲きで大きく育つツルバラです。
DSC_1318.jpg

このバラも好きな品種です。
ペーターローセガー。
100年近く前のバラです。やや直立気味にコンパクトに伸びるので
小さめのツルバラとして使えます。
小輪房咲きで香りよく、棘も少なく、返り咲きます。
長尺苗があります。
DSC_1383.jpg
スポンサーサイト



  1. 2012/05/22(火) 20:03:34|
  2. バラ