FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

雨のバラとグリーンカーテン

京都は昼前から雨が降り出し
しとしとと梅雨らしい降りかたです。
曇り空からの細雨、いいもんです。

雨の中、一際目に着くバラ
ハイディクルムローズ
ドイツ出身の女優でトップモデルに捧げられたバラです。

カタログでは、ヴァイオレットピンクと書いてあります。
いかにも花保ちよさそうな蕾
DSC_0114.jpg

遅咲きでコンパクトな直立ブッシュ樹形で病気にも強いです。
香りもよし!
咲いていく様はなんか、力強さを感じさせます。
ドイツ・タンタウのバラ。
DSC_0109_20120612160454.jpg




まつおえんげいおすすめの
グリーンカーテン
ちまたでは、グリーンカーテンと言えば
おなじみ
ゴーヤ
朝顔
西洋朝顔
キューリ
などがポピュラーですが、

こんな、熱帯花木がまつおえんげいでは昔から人気です。

毎年まつおえんげいの道路側のウッドフェンスに覆い尽くすように茂っています。

マンデビラです。
昔はデプラデニアと呼んでいました。
キョウチクトウ科の植物。
ツル性熱帯花木でツルはどんどん3メートル以上伸びて
今から植えれば8月過ぎから晩秋まで
こんな朝顔の大きな花が咲きます。

暑い夏に見事な花が次々と咲くグリーンカーテンに仕上がります。
DSC_0118_20120612161300.jpg
淡いピンクや
これ以外にも最近は
少し小さな花や
白、濃いピンク、黄色などがあります。
DSC_0119_20120612161259.jpg
葉はこんな感じです。
おおきめの葉なのでよく陰になります。
DSC_0120_20120612161258.jpg
良く茂らせるポイントは

今から植えるのであれば
出来れば大きめの鉢植え(直径15センチくらいの鉢植えで売っているようなもの)
を買って、植え付けたほうが成長が早い。

最初は花を切って、ツルの先も切って、枝をたくさん出させるようにする。

元肥や追肥をやや多めに与える(初期生育を活発にするため)。

伸びてきたツルは頻繁に止めつけるようにする。

1株で幅1,5M×高さ3M位になります。

病気はほとんど発生しません。
が、
アブラムシや害虫は少しつきますので
浸透移行性の薬剤を定期的に土に撒いておけば安心です。



スポンサーサイト



  1. 2012/06/12(火) 16:46:06|
  2. バラ