FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

花後の剪定例。

5月にはこんなにきれいに咲いていました。
ツル・アイスバーグのオベリスク仕立てです。
ローズセミナーの冬季コースの剪定誘引で実演したバラです。
咲いてほしい場所に咲かせることが出来ました。
DSC_1585.jpg
花後に、花柄を切り取って今はこんな感じです。
オベリスクの中間くらいから新しいサイドシュート
(ツルアイスバーグは下からのベイサルシュートが出にくいといわれています。
剪定次第で出すことは可能ですが。)

でもこのままにしておくと
オベリスクの上の方からも新しい枝がどんどん出てきます。
そして下の方から枝が出にくくなります。

冬になって、いざ剪定・誘引しようとすると上の方にしか花が咲く枝がなくて
困ってしまうことがあります。

そこで、出てほしいところから枝を出させるために
上の方にある誘引した枝を切り取る作業を今の時期に行ないます。
新しい枝が出ているところは残して、
上の方の誘引した枝を取り去ります。
DSC_0020.jpg


切り去った後の姿はこんな感じです。
スッキリしました。
これからどんどん新しい枝が出てきます。
見に来てください。

一つだけ注意していただきたいことがあります。
2番目の画像をもう一度見てください。
この株は、上から下までたっぷり葉がついていますね。
株が弱っていたり、下の方にあまり葉が無い場合はもう少し上の方で切るか
冬に剪定する方法が良いと思います。
DSC_0023_20120617174349.jpg

そして、温室内は観葉植物が多くなってきました。
ミニ観葉がこんなにたくさんそろいました。
DSC_0038_20120617174348.jpg

中には
こんなかわいいサボテンも。
ウチワサボテンと言います。
まるで人のようですね。
DSC_0041_20120617174347.jpg

こちらは
トキワシノブというシダの仲間です。
大きく見えるでしょう?
DSC_0037_20120617174346.jpg
実はこれは高さが10センチもないんです。
ミニですねえ。

サボテンはお子ちゃまに、
シノブは若者に
人気でした。
スポンサーサイト



  1. 2012/06/17(日) 18:07:04|
  2. バラ