FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

ハークネスの面白さ。

ハークネスは、まだまだ皆さんによく知られているわけではないですが
名花がたくさんあります。

ジャクリーヌデュプレ、カーディナルヒューム、プリンセスオブウェールズなど。
とても使いやすいバラが多いです。

そして、いつもお話しするのがコンパクトな品種が多くて
その中にはとても病気に強くて育てやすい品種が多いことです。

ここに紹介するバラ。
イージータイム
(2010年に本国ではイージーダズイットという名でデビュー)
育てやすさの評価も5段階の5評価
病気に強くて、まつおえんげいの放任してあるゾーンで丈夫に育っています。
そして、このバラの良さ。

切れ込みの入る花弁
とても良い香り


そして、何より花保ちのながいこと
とても長く楽しめます。

咲き始め
DSC_0811.jpg

開花。特徴のある花色はとてもよく主張しています。
花径は8~10センチ位
DSC_0392_20120622161854.jpg

そして次第に、オレンジが抜けてアプリコットからピンクを帯びてきて。
DSC_0810_20120622161853.jpg

黄色~薄いピンクまでの幅のある変化を見せます。
花は散らずに長くあり、変化の楽しめるバラです。
DSC_0277.jpg
ハークネスらしく丈夫で長持ちなバラ。


オレンジ黄色つながりで
アンバークイーン
琥珀の女王。
この名前にひかれて、昔作りました。

香り抜群でよく咲きます。
同じく花保ちの良いバラです。
DSC_0335.jpg

セントリチャードオブチチェスター
これもオレンジイエローで花保ち長くて
病気に強いバラです。
このバラは行儀が良くて、直立気味の樹形で
シュラブの分類ですが、四季咲きの近いくらいよく咲きます。
DSC_0194_20120622161850.jpg

本年度のバラのカタログの製作を開始しました。
1年は本当に早いもんです。


昨日、電話があり、
フランスはバラが真っ盛りで
ジベルニーのモネの庭はバラだけではなくて
草花も満開で素晴らしいと。
そしてジェルブロワも。

詳しくは来週。



スポンサーサイト



  1. 2012/06/22(金) 16:54:42|
  2. バラ