FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

暑さに負けない「クレマチス」

SAD_0835.jpg

暑さに負けないバラ達を御紹介しましたが、今回は「クレマチス」の御紹介です。

まつおえんげいではバラもクレマチスも自然に開花するように管理しております。
開花終了後に剪定すると、ちょうど今頃2番花が開花します。
背の低い品種「インテグリフォリア系」などはもう盛りが過ぎましたが、
つるがある程度伸びる品種たちは今が開花の時期です。

SAD_0849.jpg
遅咲き大輪系のグループは四季咲き性の高いので、順番に咲いてくれています。
濃い赤紫色でパンチの利いた花の「ホノラ」
花色が特徴的で、和風の庭にも良く合う「テクサ」
優しいピンク色の花色とシャープな花形の「エヴァ」
涼しげな葉色で花付の良い「ジェニー」

SAD_0846.jpg
優しい花色と花形の「踊場(オドリバ)」 やさしい花ですが何と合わせてもしっかり主張する
芯の強さも併せ持つ優雅な花です。

SAD_0845.jpg
奥の薄紫色の品種は「プリンス・チャールズ」一番人気の優良品種。
花付き、花形、花色どれをとっても優秀な品種で、大きく這わせるととってもダイナミック
まだお持ちでない方は、絶対お勧めです。 
同じ性質・花形の「ホワイト・プリンス・チャールズ」もあります。

手前は「キャッツアイ」
この品種はもうすでに3番花です。
剪定してもすぐに花芽を付けてくれる元気な品種。 新しい品種であまり見かけませんが
今後注目の品種です。 薄ピンクの4弁の花で半木立性(植木鉢では草丈1m位)
支柱はいりますが少し垂れ下がらせて咲かせて風情が出て可愛い。 
育ててみて解りましたがとっても花付の良い優良品種です。



クレマチスの夏対策

皆さんのご家庭では元気に育ってくれているでしょうか
夏の猛暑は少し苦手ですので、少し日陰になる時間も作ってやる方が夏バテせずに
過ごせるでしょう。 あんまり陽射しが強いとせっかく咲いた花もすぐに傷んでしまいます。

前回も書きましたが、夏バテ対策には活力剤が効果的です。
クレマチスの肥料もこの猛暑の間は控えてやって、ハイポネックスの微粉を薄めて与えましょう
「微粉」にはカリ(K)分が多く含まれていますので、夏バテにも、生育にも効果的です。
液体肥料を与えるときに「活力剤」も一緒に与えると効果はバツグン!

植物にも優しい心遣いを お願いします。
スポンサーサイト



  1. 2012/08/08(水) 10:00:56|
  2. クレマチス