FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

今が好機!

店頭のバラはこの時期、秋に向けての株作りのために花を切るのですが、
実は我々スタッフにとって、この時期はバラの本来の性質がしっかりと理解できるチャンスなんです。


当店の松尾から言われましたが
「この時期に花が咲くつるバラは、春以降も咲くのを覚えておくように」と。

これを意識して花きりの作業をしていると、驚くほど返り咲く品種がいくつも目につきます。


一部だけですが、スタッフが花きりをするのが大変なくらいよく咲いてくれるつるバラをご紹介します。



手前は「ルイス・ダルザン」
同じくらいのサイズの奥のピンクの花は「ラベンダーラッシー」です。
あまり伸びずに新たな枝から次々よく咲きます。
シュートではなく、細い枝からもどんどん咲くので樹形も崩れにくく優秀です。
DSC_0036_20120812170523.jpg


こちらは「シャンプニーズ・ピンククラスター」
すでに4番花くらいの、開花ですが、まだまだ蕾がたくさん控えていて、
それの蕾が咲く間にも次の蕾がどんどんとあがってきます。花きりが大変です。
DSC_0037_20120812170522.jpg

「ソレイユ・ヴァルティカル」です。
春は明るいイエローですが、夏場は花色が薄くなるはずなのに、アプリコット~ゴールドに近い花色です。
春は少しステムが長く咲きますが、2番花ごろになるとあまり伸びずに咲くのも良いですね。
DSC_0038_20120812170522.jpg


まつおえんげいでは、バラの管理もスタッフで行っていますので、こうした性質も熟知しています!
夏でもよく咲く品種のことはいつでもお問い合わせ下さい!
スポンサーサイト



  1. 2012/08/15(水) 17:05:54|
  2. バラ