FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

「クリスマスローズを植え替えましょう!」

1月頃から美しい花を楽しませてくれるクリスマスローズ。
10月前後に植え替えを行う事で、花を楽しんだ後にも弱る事無く
しっかりと育ってくれるようになります。
まつおえんげいの「クリスマスローズ専用培養土」とオススメの肥料を使った
クリスマスローズの植え替え方法をご紹介します。

①植替えに使うグッズ
暑さの少し苦手なクリスマスローズが関西の気候でもしっかりと育ってくれるよう配合した
「クリスマスローズ専用培養土」、緩やかに吸収されるバイオゴールドシリーズの肥料、
夏に休眠している根に活力を与えてくれる活力剤「バイオゴールド バイタル」を使って
植替え作業を行っていきます。
良い土と優れた肥料を使う事で、暑さに強い株を育てることが出来ますよ!
1.jpg



②鉢から抜いた状態
昨年購入されたクリスマスローズをポットから抜いてみると、
とてもびっしりと根が張っています。夏は水分がどんどん失われるので
それを補うように根がとても良く伸びます。
特に小さな苗や何年も植え替えていない株の場合、根が固く張ってしまっているので
これをほぐしましょう。
2_20120919164929.jpg



③固く張った根をほぐし、不要な土を取ります。
根が張った状態のまま植え替えてしまうと、新しい根がなかなか出てくれませんので
軽くほぐしていきます。ご家庭では「竹製の割り箸」を使うと便利です。
表面のコケの生えてしまった部分も一緒に軽く取り除きます。
この時に「黒い根」があった場合には、その根は死んでしまっているので
株を傷めないように取り除きましょう。
3-1.jpg

3-2.jpg

3-3.jpg

ある程度取り除き終えました。
今回植え替えているのは、まつおえんげいで育てた苗ですので綺麗な根ばかりですが、
買われた直後の苗や植える土によっては根が黒く死んでしまっていたり
土があまり良くない場合がありますので、しっかりと綺麗にしてあげましょう。



④植える高さを確認しましょう。
クリスマスローズに深植えは厳禁!多湿を嫌うクリスマスローズは深く土をかぶせると腐ってしまいます!
元の土の表面が軽く隠れる程度でOKです。植え替える鉢にはめ込んで位置を確認しておきましょう。
4_20120919164927.jpg



⑤鉢底石(日向土)と底に軽く「クリスマスローズ専用培養土」を入れていきます。
先程の植える位置を確認して多くなり過ぎないように注意しましょう。
5_20120919164948.jpg



⑥元肥を混ぜ込みましょう。
株元に元肥を混ぜ込みます。「バイオゴールド 元肥」は根に直接触れても植物が痛むことがありませんので安心してお使い頂けます。
元肥は新しくなった土に根がしっかりと張るように根を誘導してくれます。
6_20120919164948.jpg



⑦土を足していきます。
3回くらいに分けて土を足していきましょう。
根と土の間に隙間が出来ないように軽く土を突きながら入れていきます。
ただし、突き過ぎは禁物です!
クリスマスローズに限らず植物は「根っこで呼吸」しています。
突き過ぎたり土を押さえ込んだりしてしまうと、土と土の間にある空気の層が無くなってしまいます。
植え替えなどの際は、土を押さえたり、力いっぱい土を突き込んだりしないように注意しましょう。
7-1.jpg

7-2.jpg



⑧株元に肥料を与える。
株元には置いておくタイプの肥料を与えましょう。
こちらの肥料は「バイオゴールド オリジナル」2ヶ月程度の間、
緩やかに効果を発揮します。
今与えておけば、成育が活発になる11月ごろにもよく効いてくれます。
8.jpg



⑨活力剤を与える。
植物を植え替えた直後の最初の水やりはとても大切です。
最初にたっぷりとお水を与えることで、土と土の隙間がしっかりと埋まり
良く育つための土壌が完成します。
さらに、夏を越ししてくれたクリスマスローズの負担を和らげるために活力剤を
与えましょう。高温で休眠していたクリスマスローズを優しく起してくれます。
9.jpg



以上で植え替え作業は完璧です!
あとは冬の開花を待つばかり。秋の植え替えでたくさんの花を咲かせましょう!


ワンポイント
クリスマスローズは「日陰向きの植物」と思われがちですが、実は違います。
夏の暑さを避けるために日陰で管理する事が多いですが、暑さの和らぐ秋~春には
しっかりと日の当たる環境で育ててあげましょう。




店頭には今回ご紹介したクリスマスローズの植え替えグッズが充実しています!
強い性質であまり植え替えをしなくても育ってくれるクリスマスローズですが、
しっかりと植え替えを行う事で、とても頼もしい株に育ってくれます!
この機会にぜひ植え替えを!
スポンサーサイト



  1. 2012/09/19(水) 16:54:09|
  2. ワンポイント