FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

命をふき込む。

本日は台風接近で激しい雨と風です。
台風が過ぎた後は消毒をします、傷ついた葉から病気の菌が侵入しやすくなるからです。
何ともないような顔をしている葉もすでに黒点病の菌が侵入している場合があります。
治療殺菌剤を散布します。

さて、この看板。
今まで、まつおえんげいの入口にかけてありました。
でも5年が経過して塗料がはがれてきました。


というのも、まつおえんげいの看板はすべて、僕の手書きなんです。

この看板は、バラ(ゴールデンセレブレーション)、クレマチス、ヘレボラスをあしらったものです。
DSC_3736.jpg

この、「喫茶ログハウス」の看板はなんと、1985年製作の手彫りの看板です。
木の材質がよいため何度か塗り替えしましたが未だ健在です。
DSC_3738.jpg
この玄関ゲートもそうなんです。
材は桐です。軽くて、丈夫ということでこれを選びました。
1956は、それまで切花栽培が主体だったのですが、親父が鉢物栽培と販売を始めた年号です。
まつおえんげいの文字はスタッフがもっていたアルファベットのスタンプの文字をアレンジして
書きました。
先日ある方から、この文字のフォントがあればと言われたのですが
かなり自分でアレンジしているので残念ながらないんですとお断りしたことがありました。
これはかなり苦労しましたねえ。
DSC_3740.jpg
そして、今度は木の板ではなくてアクリルにしました。
出来上がりはこんな感じです。
DSC_3821.jpg
下書きをして、一気に(?)書き上げます。
仕上がりは、印刷の方がはるかにきれいですし、見た目も良いのはわかっています。
手がふるえて文字が揺れていますし、ぬりむらもあるし。
時間もかかるし、
でも、手作りの味があります。
SAD_1457.jpg
完成です。
新しい看板はやはり、気持ちが良いもんです。
DSC_3826.jpg
普通の看板にはない、手書きの良さ。
人が作るものの温かみ、植物もまさに同じです。

まさに命がふき込まれた看板です。
この新しい看板を見てスタッフ一同、
植物にも同じような気持ちで取り組んでいきたいと気持ちを新たにしました。

まつおえんげいにお越しの際は
花だけではなく、看板も見てやってください。
スポンサーサイト



  1. 2012/09/30(日) 14:25:25|
  2. matsuo