FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

秋の花

京都を代表する秋の宿根草「シュウメイギク」
秋明菊です。キンポウゲ科

京都の北部、貴船に多く自生することから「貴船菊」の別名があります。
一重咲き、八重咲、白、濃~淡ピンクなどがあります。
貴船に自生しているのはほとんどがこの画像のような白の一重です。
日陰で良く育ち花もよく咲きます。

後ろに添えてあるのは「萩」です。
マメ科の落葉低木です。
白やピンクでいろいろな品種があります。
写真の品種は武蔵野萩です。
京都では「萩の寺・定林寺」「下賀茂神社」などが有名です。
DSC_3890.jpg
「イワシャジン」
キキョウ科の高山植物です。
山の沢沿いや岩場に自生していて
水は多く求めるものの水はけのよさをとても好みます。
関西の平地では山野草の土に植えて、春から秋までは水切れに注意します。

DSC_3901.jpg
別名「イワツリガネソウ」
まさに名の通りの花です。
春と違って秋の花は優しさが感じられます。
DSC_3903.jpg
秋の花によく合うバラを一つ
バレリーナです。
中くらいのあまり大きくならないツルバラとして扱えて
アーチやオベリスク、小さめの壁面やフェンスの向きます。
病気にも強くて扱いやすく、秋にもよく咲きます。
小輪一重の房咲きです。
シュウメイギク、ハギ、イワシャジン、バレリーナと続いても
おかしくないでしょう?
DSC_3881.jpg
スポンサーサイト



  1. 2012/10/04(木) 17:40:03|
  2. 入荷しました!