FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

未来のお客様へ。

先日、小学校の子どもたちが
「地域のお店訪問」で子供たちがいっぱい来ました。
お店の仕事の事やお花の事について、優しく説明しました。
ポインセチアの赤い部分が花ではないこと
バラの花びらが150枚以上ある品種があること
などを話すと、
「えーーー!」とか
「うっそーーーーー!」とか
「まじーーーーーーーーーーー?」とか、
楽しそうでした。
しっかり丁寧にメモをとる子
走り回って何にも話を聞いていない子
色々ですが、
子供はかわいいですね。

そして、あとから一人一人からお礼の手紙が届きました。
この中から、何人の子供が将来のお客様になるんでしょうか?

とても楽しみです。
今でも、両親やおじいさんおばあさんに連れてきてもらっていた、
というお客様が多くおられます。
何代にもわたって来ていただけるのはありがたいことです。
CIMG2719.jpg

CIMG2723.jpg


今日と26日(水)は
「お正月の玄関リース」のレッスンです。
これは手先の器用さも問われます。

皆さんとても慣れた手つきできれいな丸いリースに仕上がっていました。
DSC_8266_01.jpg

DSC_8267_01.jpg

DSC_8268_01.jpg




晩秋に咲いてきたバラは
散ることなく何日も咲き続けます。
そして、冷たい冷気に浸った花は
何とも言えない深みのある色になります。

デルバールの
ジェネラシオン・ジャルダン


半直立のシュラブ樹形で
背丈ほどの大きさに仕立てて
アーチやオベリスクや壁面などに仕立てるとよく似合います。
花の大きさは8~10センチで、柔らかい香りがします。
とても病気に強くて育てやすいバラです。
DSC_8278_01.jpg



先日、テレビで
女性カーレーサーのドキュメントがありました。

カーレースには
F-1のような速さを競うものや
ラリーと言って悪路や砂漠などを決められた時間内にはしるもの
などが有名ですが、耐久レースというのもあります。
6時間から長いものは24時間も走り続けるレースまであります。

世界中を転々と回って連戦する「世界耐久レース選手権」というのがありまして
ルマン24時間レースなどは有名なレースですね。

その世界中を転々とするレースに
たった一人だけ女性レーサーがいるんです、しかも日本人なんです。
そのレーサーがオフの時に日本に帰ってきて心を休めるために没頭している趣味。

それは、ベランダガーデニング、
広い屋上テラスでバラを中心に栽培しておられるんです。
ミニバラから、大きなバラまでいろいろ、
そんな中で、好きなバラが
イギリス・ハークネス
「コンパッション」
サーモンピンクの大きな花のつるばらです。

レースの修行にイギリスにいたことからこのバラに出会ったそうです。

精密機械と一緒に限界まで突き詰めて戦う仕事。
そんな、彼女が選んだ趣味?
いえ、ライフワークの一つでしょう、
花を栽培するようになってから
いろんな面でとても成長されたそうです。

植物の力はすごい!
スポンサーサイト



  1. 2012/12/22(土) 18:12:29|
  2. 未分類