FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

奥行き30センチのガーデニング

フラワーアレンジ・レッスンルーム
「はるじょおん」の前にあるポットガーデンです。
土の無いコンクリートの店先に
奥行き30センチにも満たないスペースがあります。
そこで、年間2回の植え替えで楽しむことの出来る寄せ植えを提案しています。

年明け早々、植え替えをしました。
全部を植え替えるのは1年にたったの2回。
それでも、時々メンテンスをすることで長く楽しむことが出来ます。
DSC_8890_01.jpg

一昔のガーデニングと呼ばれたブームの時は
「一度植えればずっと咲きます。」という魔法の言葉に皆様惑わされて
皆さん、苦労されたり、思い通りにならなかったりしませんでしたか?

やっぱり園芸は「芸」です。
色々工夫してやってみて、技術を手に入れて咲かせ、楽しむ。

これが大切な事。

植え始めはこんな感じ。
なんだか頼りない感じです。
DSC_8880_01.jpg


花がなかなか咲かない冬は植物がよく育ちません。
土も見えたままです。

そこでこんな感じに苔をひいてみてはいかがでしょう?
DSC_8882_01.jpg


花や葉がとても引き立ちますし
まるで春のようですね。
DSC_8884_01.jpg
こんな寄せ植えを少しでも長くきれいに楽しむポイントをいくつか。

1 土はいつも上質で新しいものを
2 水はやり過ぎない(土の表面が乾くまでは与えない(そうすることで暑い夏にもあまり欲しがりません)
3 花がらを早めに切り取る
4 定期的に肥料を与える
5 花の期間がそれぞれ違うので、花期の終わったものから次々植え替える
6 いつも見てやる(何もしない日でも目を向けることで病害虫などの異常が早期発見できます)

「植えておくだけでずっと楽しめます」
なんてわけはないですよね。


手入れが園芸の楽しみです。



デルバール本社の庭。
左奥は
ビエ・ドゥーです。
DSC_0630_01.jpg



デルバールの
ミツコ
人の名ではなく香水の名前。

四季咲きの大輪です。(8~10センチ)
半直立のブッシュ樹形で1メートルまでくらいの大きさで楽しめます。
香水の名がつくくらいですから香りもよくて
秋までよく咲き、切り花にしても長く楽しめます。
最初の一年は鉢植えで育てて株作りを。
DSC_0860_01.jpg
スポンサーサイト



  1. 2013/01/11(金) 18:57:34|
  2. 未分類