FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

満喫できた一日。

お客様の皆様にお持ちいただいためずらしい
貴重なクリスマスローズの展示会を開催中です。

皆さんカメラ持参でしっかり撮影されています。

めったに目にすることのない品種も展示しています。
皆さんぜひ見に来てください。


さて、剪定もほとんど終わりです。

朝から晩まで剪定が出来て満喫できました。

アー楽しかった。

今日は、
ピンク・プロスペリティ
プリンセス・ドゥ・ナッソウ
ツル・デンティベス
シティ・オブ・ヨーク
マダム・アルフレッド・キャリエール

剪定のあとの枝ゴミがすごい量になってしましいました。


メアリー・ローズはこんな感じです。

イングリッシュローズで
ピンクのツルバラならこのバラがおすすめです。
秋までとてもよく返り咲きます。

日陰でも咲きますし、棘は小さくて、枝はしなやか。

扱いやすい中型のツルバラに仕立てられます。
DSC_9507_01.jpg


春の開花はこんな感じです。
とても優しい風情。
DSC_0119_01.jpg


これは、ロココです。
DSC_9498_01.jpg


このバラは直立気味に大きく伸びる大型のシュラブローズです。
誘引しやすい枝はツルバラのように誘引して、
太くて誘引できない枝はブッシュローズのように剪定しましょう。
DSC_0377.jpg


大型のツルバラ

ブルー・ランブラーです。
枝は太めで半直立に大きく伸びる一季咲き性のツルバラです。
DSC_9505_01.jpg


春の開花の様子です。
ご覧のように大きな房になって鈴なりに咲きます。
房が大きくやや枝垂れるように咲くので
やや高めの位置に誘引しましょう。
日陰でもよく咲きます。
qz (577)_01


剪定の終わったところには
これから、
クレマチスの鉢植えを飾っていきます。

春にはバラとクレマチスの競演が楽しんでいただけます。

でも、バラとクレマチスを同じ時期に咲かせるには品種選びが重要です。
遅咲き大輪系が無難な組み合わせでしょう。
その他のクレマチスはバラの前後に咲くので
クレマチスとバラがいつもどちらかが咲いている風景を楽しみましょう。
スポンサーサイト



  1. 2013/02/23(土) 18:41:56|
  2. バラ