FC2ブログ

まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

遅くなってすみません。

スタッフ全員で、

特別なイベントのためのミーティングをしていて、気がついたら今になってしまいました。

「夕食の後に、ブログを見るのが楽しみ」という方には本当に申し訳ありません。遅刻です。

以後気を付けます。


咲きましたあー。

まつおえんげい初のオリジナル品種。

まずは、 「レヴェイユ」です。

ラベルもできあがり。

DCS_1539

株はこんな感じで半横張り樹形の四季咲きです。

DCS_1560

あまり多くを書きません。

オールドローズの風合いを残した顔つきです。

DCS_1564

開くにしたがって本領発揮です。ライチの甘い香り。

この姿が、農場でとても印象に残っています。

DCS_1567

 

こちらは、

「セ・ミニョン!」

DCS_1534

 

セミダヌルながら、やや多めの花弁で優しいです。

DCS_1538

新苗はほとんど完売状態です。

秋の大苗は、多く準備できると、思います。

 


ここからの画像は、携帯電話で撮影したものです。

とある、住宅街のメインストリートにある、

バラを中心にして宿根草や草花などを組み合わせた「ローズガーデン」です。

設計は、とある有名な庭園デザイナーの設計。

バラの手配と植え込みのお手伝いなどまつおえんげいが担当しました。

2年前に植え込んでから、

地元の方々が集まってボランティアで管理をなさっています。

 

日頃の草引き(庭つくりの基本中の基本です)

伸びた植物の剪定(植物はすべて性質が違います、よく伸びるものを抑え他のものに日が当たるようにしたり、みんなのバランスをうまくコントロールしてあげることが大切です)

バラの手入れ(日頃の花がら摘みや枝の止めつけなど、みなさんご存知ですよね)

 

数か月に一度、バラの花後の手入れ方法や剪定のアドバイスに行っています。

見てください。この美しい庭を。

本当にまったくの初心者の方々も多くおられる(もちろんよく御存じの方もおられますが)グループで管理されているんです。

DSC_0010DSC_0017

 

DSC_0014DSC_0019


いつもは、ここで面白い話を書くんですが、

この庭を見て思ったことを少し。しかも小さい文字で書きます。

まつおえんげいは、いろんなところで庭のデザイン、植栽などをしています。

プロの、お店のローズガーデンも施工したこともあります。

まつおえんげいでは、最初に皆さんに

「バラの管理や草花の手入れなどをきちんとしていただくことが条件で引き受けます。」

という約束をしてから設計施工をします。

にもかかわらず、悲しいことに後の管理を全くしていただけないところもあります。

初心者の方もおられるボランティアの皆さんのこの庭(いえ作品ですね)を見て、思いました。

スポンサーサイト



  1. 2013/05/20(月) 21:20:23|
  2. バラ