まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

うどんこ病とハダニ。

昨日、京都府立植物園でのバラフェアも無事に終わり、

輸入植木鉢メーカー「グリーンポット」さんでの販売も終わりました。

まつおえんげいは岐阜や岡山からのバスツアーでのご来店など本当に忙しい週末でした。

ようやくブログを書ける時間が出来たところです。

 

店のピエールドゥロンサールは満開近くです。

DCS_0453

 

これからまだまだ楽しめるバラですが、今日は白いツルバラで今綺麗な品種を3つ。

 

まずは定番、ツルアイスバーグ、

誰が育てても豪華に咲かせることの出来るとても作りやすいバラ。

大きな房になって株一面に咲きます。

DCS_0449

 

クリスティアーナ。

遅めに咲くので今からが見ごろです。

雨や強い日差しでも傷むことなくきれいに咲いています。

DCS_0450

 

こちらはまつおえんげいお勧めのツルバラ。

コンパクトに仕立てることが多いのですが、少し伸ばして小さめのツルバラ仕立てもいいでしょう。

レッチフィールドエンゼルは細い枝にもよく咲くのですが、太めの枝を冬に誘引するとこのようにステムが長くなって

枝垂れるように咲きます。高いところで咲かせるならこの方法が花がよく見られていいでしょう。

DCS_0451

 

さて、お店のバラはこのようにまだまだ今から咲く品種が多くあります。

四季咲き性バラのコーナーです。

DCS_0454

 

こちらは、ハークネスローズ。

蕾がいっぱいです。

DCS_0455

さて、最近は何かはおらないと寒くていられないような日や、

アイスクリームを食べたくなるような日が交互にあって

バラにとっても辛い日が続いていました。

明日も気温が高くて明後日にはまとまった雨が降るようです。

まつおえんげいでは、今日消毒をしました。

晴れて乾燥気味の日が続くとうどんこ病が発生し易くなります。

そして雨で黒点病も心配です。

 

そして、これから特に気を付けなければいけないのがハダニです。

いずれも沢山発生してからでは薬も効かないどころか、激発すると手の打ちようがありません。

今のうちに退治しておきましょう。

  1. 2018/05/21(月) 19:14:06|
  2. バラ

明日からバラフェアです!

明日からバラフェア開催です。

どんぴしゃの開花状況ですよ!!!

そして入口左側には、おススメのツルバラコーナーを展開します。

DCS_0428

 

まつおえんげいに実際に植えて咲かせているツルバラを中心に色々と選び易くしました。

花を確かめて選んでください。

DCS_0429

 

レジ温室入口横で咲く、バフビューティと、ペネロープ。

華やかですね!苗はあとわずか。

DCS_0430

 

バラコーナー北側のツルバラコーナーもどんどん咲き出しました。

DCS_0439

 

四季咲き性大輪や中輪房咲きコーナーも咲き始めています。

DCS_0432

 

イギリス・ハークネスローズのコーナーはこんな感じです。

選びごろですね。

DCS_0437

 

おススメのツルバラを少し。

「レオナルド・ダ・ビンチ」

マルク可愛い照葉で花首の短い花は房になってとてもよく咲きます。

花保ちもとてもよくて雨にも強いバラです。

DCS_0433

 

「アンジェラ」天使の意をいただくシュラブローズです。

大きさは剪定や鉢植えにするなどコントロールも可能で、新しい枝もよく出るので毎年よく咲きます。

壁面をコロンとした軽めのカップ咲きで埋め尽くしませんか?

DCS_0441

 

「メアリーローズ」ご家庭の庭でピンクのツルバラをお考えならぜひ植えていただきたいバラです。

香りもよくて葉も浅黄色で上品なシーンが作れますよ。

半日陰でもよく育ってよく咲き、枝はしなやかで扱い易くて返り咲きます。

もちろん短く剪定して鉢植えでコンパクトな仕立てにも出来ます。

DCS_0442

  1. 2018/05/14(月) 19:49:18|
  2. バラ

雨のバラ。

京都はしっかりと雨が降りました。

時にはバケツをひっくり返したような雨も。

バラは葉がしっとりと濡れて一休みしているようです。

DCS_0420

 

雨で困るのは、花首に比べて花が大きな品種などでよくある、花が下を向いてしまう現象です。

せっかく咲いたのに綺麗な花がうなだれてしまいよく見えない。

そして、香りも弱くなります。

香りは基本的に揮発性なので雨の日はあまり香りません。

これはゴールデン・セレブレーションです。

花弁が多いバラは水分も多く含むのでうなだれやすくなります。

DCS_0422

 

でも下から見上げるようにして無るとこのように花を楽しむことが出来ますが、、、。

しゃがんでみるわけにもいかず。

DCS_0421

 

特に買って間もない1年未満の株などはまだまだ枝の成長途中なので細い枝の花が咲いています。

鉢植ならしっかりと降る日は軒下などに一時避難させるのも一つでしょう。

 

でも、こちらのピエール・ドゥ・ロンサールをご覧ください。

植えてからもう随分年数が経っている株です。

こんなにしっかりと降った日でも花はうつむくことなく頑張っています。

DCS_0426

もともと。花が大きくて花軸が細めの品種はしかたないのですが、

買った時には花が上を向いていた株は、数年経って株が成熟してくるとちゃんと上を向いて咲くようになります。

バラ苗は成木になるまでは3~5年はかかります、じっくりと見てあげてください。

 

こちらはジャクリーヌ・デュ・プレ。

半八重咲きで、花弁数が多くないバラは花の寿命があまり長くありません。

雨が降らなければ2週間ほど楽しめますが、満開を過ぎたあたりに雨に合うと花が早く萎れてしまいます。

この株は、軒下に植えています。

軒下は雨が当たらないので水やりをしなければいけなかったり、乾燥ぎみなのでうどんこ病にかかったり、

ハダニが付きやすいなどとよく言われますが、、。

花保ちが良くなるという利点もあります。

DCS_0424

どちらをとるか?

 

やはり花や樹形、性質などを植える場所に合わせて選ぶことが大切ですね。

さて、明日はガラと天気が変わり晴れるようです。

そして気温も25度近く京都は上がる予報です。

こんな日の対策としては、

朝のうちに、花や株の水滴を株や花をゆすって落としてあげましょう。

水滴の重みで花がうなだれているのが戻りますし、

蒸れることもなく、花が傷みにくくなります。

そして黒点病などの予防にもなります。

葉に付いた花びらも株が乾いたら落としましょう。

そして、少し傷みかけた花は早めに摘み取るようにすると良いでしょう。


15日(火曜日)カからいよいよ

「バラフェア」開催です。

今年は早咲きは、やや早めに花が咲いたのですが

これからがバラの開花の本番です。

お好みの花型や香り、そして樹形や性質などを直接確かめながら選べる絶好のチャンスです。

お待ちしています。

  1. 2018/05/13(日) 18:40:16|
  2. バラ

明日は営業です。

今日も、涼しくて風は吹きましたが、過ごしやすい一日でした。

 

返り咲くオールドローズブルボン系や、ヴァリエガタデボロ0ニア、マダムアルディなどが咲き出しました。

DCS_0412

 

スタンダードローズも綺麗です。

DCS_0413

 

ハークネスローズもちらほらと咲き始め。

DCS_0414

 

フェンスの「ロココ」も豪華に咲いてきました。

DCS_0415

 

ピンクのツルバラの定番、「パレード」

生育良くて香りもよく、長く咲きます。

DCS_0416

 

イングリッシュローズの名花「メアリーローズ」

作りやすくて、枝もしなやかで誘引しやすく、香りも良いツルバラ仕立てが似合います。

DCS_0417

 

ピエールドゥロンサールもたわわに蕾を付けて週末には咲きそうです。

DCS_0418

ご紹介しているバラはまだ苗があります。

 

明日はお待ちかね、

バラとクレマチス10%OFFです。

10日(木曜日)限定企画です。

お待ちしています。

  1. 2018/05/09(水) 16:45:38|
  2. バラ

本日の開花状況。

気温20度、花曇り、バラを選ぶには最高の天候です。明日もこんな感じのようです。

今日の開花の様子です、早咲きが咲いてきました。

今年は早いと言われてきましたが、洛西はここ数日の安定した春の気温でゆったりと咲いてきています。

DCS_0396

DCS_0403

 

玄関看板を彩る「フィリスバイド」

小輪房咲きでとても花保ちがよく、花が緑色になるまで散らずにいます。

葉も小さく小ぶりの花とのバランスも良くて、

オレンジの蕾と黄色、薄ピンク、淡い緑の花のグラデーションが美しいツルバラです。

DCS_0408

 

道路わきのポール仕立ても早咲きから咲き出しました。「ピンクカクテル」は満開までもうすぐです。

DCS_0411

 

「ゴールデンセレブレーション」のアーチ1分咲き。

オレンジがかる蕾からまさにゴールデンと呼べる咲いた花、咲ききるとレモンイエローに。

そして素晴らしい香り、大きさもツルバラとしては比較的扱い易いバラです。

消毒は普通のバラと同じで定期的にしましょう。

DCS_0404

 

「はな・はるじょおん」の前で咲く「スノーグース」、2分咲きです。

半日陰でもよく咲き、株一面に咲く姿は見事です。

棘も少なく、病気にも強くて育て易いツルバラです。

DCS_0406

 

ログハウスの自転車置き場にある1坪花壇。

今年かなり植え替えましたが、以前よりあるツルバラが咲き出しました。

電気メーターの左が「ガートルードジェキル」、

鮮やかなピンクの大輪の花は香りが良くて、ステムが短いので咲かせたいところで咲かせることが出来ます。

上で咲くのが「ツル・サマースノ-」中輪房咲きでふんわりと下のバラを覆うように純白の花を咲かせます。

下で咲くのは今年仲間入りした「ザ・ピルグリム」

レモンイエローの香りの良い花はひときわ目を引きますね。

DCS_0410

 

南側の温室入口で咲く、右が「ペネロープ」左が「バフビューティ」

ペネロープはやや早め、バフビューティはこれからです。

DCS_0407

販売しているバラ苗はやっぱり、母の日が終わった次の週から咲き始めますので

花を確認して決めようと思っていらっしゃる方は、

15日から始まる「バラフェア」のころからが選びごろですね。

 

明日も花苗20%OFFです。

お待ちしています。

  1. 2018/05/08(火) 17:30:42|
  2. バラ
前のページ 次のページ