まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

バラ苗の充実株

3年生・4年生の充実株です。

長さがあるものもあるのでアーチなどにも今年から咲かす事も可能な株です。

根もしっかり張っているのでおすすめです。

 

P2220021

ロイヤルサンセット 

オレンジが冴える美しい大輪のバラです。

店内にも植わっていて強健で繰り返しよく咲きます。

 

DSC_0253

 

ロココ

こちらも人気の淡いアプリコット色に花びらが大きく波打ちます。

強健でオススメの大輪系のバラです。

DSC_0376

ランブラー系では

ポールズヒマラヤンムスク

アルベリックバルビエ

アルバータイン

ドロシーパーキンスなどがあります。

 

品種にもよりますが、枝はしっかり充実しているものが多いです。

P2220023

 

その他にも

ソフィードバビエール

アッシュウエンズディ・ マダムピエールオディエ・ マダムイザークペレール

つるレディヒリンドン・ ブルームフィールドアバンダンス・ 安曇野・ ブルーマゼンタ 

アウェイクニング・つるサマースノー・もおすすめです。

在庫が1鉢のものもあるのでご了承下さい。

 

クリスマスローズ展

たくさんのご参加ありがとうございます。今年もいろいろお持ちいただいております。

私たちも毎年楽しみにしています。購入されたときは1本もしくは2本ぐらいしかお花が咲いていなかった

株が毎年花芽を増やされていくことに喜ばずにはいられません。

まだ今までされていなかった方もこんなに大きくなるのね!

と実感して頂ければと思います

ぜひご覧になりに来て下さい。

P2220020

  1. 2017/02/23(木) 08:02:39|
  2. バラ

剪定誘引。

数年前に屋根やパーゴラ全体に咲かせていた「スノーグース」。

豪華でとても好評だったのですが、裏側に日が当たらなくて困ってしまいました。

DCS_1930

 

そこで2年前からは、これくらいの姿で咲くように仕立て直しました。

長く伸びた古い枝を下にある枝のところで剪定しながら2年。

DCS_1778

 

今年ようやく株元からの新しい枝ばかりになりました。

若返ったバラは来年は今年以上に良く育ってくれると思います。

DCS_7818

 

これから剪定誘引作業を予定されている皆さん。

道具の準備や手入れは大丈夫ですか?

DCS_7825

 

出窓回りのバラも冬にはこんな姿になりました。

左のポールズヒマラヤンムスクも、右のツルジュリアも昨年12月に古い枝を高さを替えて剪定したおかげで

色々なところから新しい枝が出ています。

DCS_7804

 

剪定完了です。

DCS_7807

 

今年の開花前の様子です。

残念ながら、満開時は不在だったので撮影できませんでしたが、

ここに咲くように、と想像しながら剪定し誘引する。

それだけです。

DCS_2802

 

剪定や誘引で悩んでいらっしゃる方、そして薬剤管理。

2つの大きな悩みを解決します。

冬のバラ教室「冬季集中コース」「短期集中コース」

手に負えなくなりつつあるバラを仲良く付き合えるバラに。

DCS_7828

いかがでしょう?

  1. 2016/12/27(火) 17:46:35|
  2. バラ

剪定誘引。

今年最後の「バラ教室」

バラの植え替えがテーマ。

庭植え、鉢植え、木立性、ツルバラ、弱った株等色々な場合の植え替えを実技をまじえて行いました。

熱心に参加していただいた方々、本当にありがとうございました。

皆さまからいただく様々なご質問に僕自身も大変勉強をさせていただきました。

DCS_7801

来年も、ピンポイント教室、冬季集中コース(全8回)、短期集中コース(二日間)、初心者日帰りコース

等、色々な条件の方々にバラをもっと身近に感じていただけるように準備しています。

バラに関する悩みを解決します!

 

もうすぐお正月。

道沿いのバラから順に剪定誘引をしています。

ポール仕立てのバラもスッキリと。

広い場所をとらずにツルバラが楽しめるように出来る方法です。

もちろんそのためには品種選びが大切ですが、多くのツルバラはこの仕立てが可能です。

DCS_7776

 

中庭の大型オベリスク仕立ての「ツル・アイスバーグ」

DCS_7730

 

少し大変ですがスペースのゆるす方はこのように一度全部はずしてしまいましょう。

同じ場所にある枝からは毎年同じ場所から枝が出てしまいます。

しばらくすると全体が高くなってしまい、下の方に枝が少なくなってしまうのです。

DCS_7734

冬の剪定誘引の目的

①春に思い通りの場所にたくさん花が咲くように

②出したい場所から元気な枝が出るように(特に株元に近いところから)

③再来年にも同じ場所に花が咲き、サイズも咲かせたい場所からはみ出すことの無いように

④株元によく日が当たるように

等々、細かく分けると10項目の要素が含まれています。

DCS_7789

沢山のバラをそれぞれ元気にに育つように行なうのが剪定と誘引です。

  1. 2016/12/24(土) 17:36:56|
  2. バラ

学校にバラ園が!

農場ではバラの長尺苗の納品が近づいてきて、スタッフは枝の整理や葉の掃除等に忙しい一日でした。

 

さて、この花壇を見てください。

とある学校の花壇です。以前から花好きの校長先生がいらっしゃってたくさんの花を種や挿し木で増やしておられましたが、

ついに、バラを育てると。

「それなら先生、土壌改良から始めて頂かないと」と言ったら。

まあ、しっかりと土を取り除いて、しかも言った通り深さ50センチ以上です!

PB190208

12月に排水対策をし、新しい土を入れてツルバラや四季咲き性のバラを植える予定です。

来春には素晴らしい香りの美しいバラが咲きます。

生徒の反応が今から楽しみです。

もちろん剪定やメンテナンスはまつおえんげいが部分的にお手伝いします。

お店や学校などで、バラを育てたいと考えているが今一つ踏み切れない方は是非ご相談ください。

夢を実現しますよ。

 

球根ベゴニアの寄せ植えです。

室内で飾る冬の花と言えば。シクラメンやシンビジウム、ポインセチア、プリムラ等ですが、

この花も本当によく咲きます。しかも手入れが簡単です。

日に当てて液体肥料を定期的に与えたおけばずっと咲いています。

PB190186

 

デビット・オースチン2016年新品種のおススメは、

ロアルド・ダール

この画像はオースチンから提供していただいた画像です。

ロアルド・ダール

 

これは昨年のバラとガーデニングショウで展示してあるバラを撮影したものです。

カタログより深みのある濃い目のピーチ色。

綺麗な散開状に育ちとてもコンパクトで棘が少ないのがうれしいですね。

香りは爽やかなティ。

花付きがよくて四季咲き性を備えています。

DCS_1737

オースチンのバラも静かに世代交代をしていくようです。

限定数で販売しています。

  1. 2016/11/21(月) 17:29:46|
  2. バラ

悲しい出来事。

店の玄関。

何か気付きませんか?

PB160171

玄関アーチが無いでしょう?

昨日の強風で根元から折れてしまったんです。もう10数年経つので柱の樹が腐蝕してしまったんです。

春にはこんなに綺麗に咲いていたのですが。

DCS_3676

 

向かって左側がフィリスバイド。

黄色と咲き進んだ白い花のグラデーションが楽しいバラです。

DSC_1557

 

右側はフランソワジュランビルです。

棘も少なくとても扱い易い大型のツルバラです。

DCS_4392

 

中央にあったまつおえんげいのトレードマークは左側に付けなおしました。

PB160166

 

雰囲気が変わってこれはこれでいい感じです。

PB160172

ジュランビルもフィリスバイドも小さく仕立て直してコンパクトに。

何だかとても店内が広く感じるようになりました。

玄関が生まれ変わります。

 

明日は定休日です、お間違えのないように。

  1. 2016/11/16(水) 17:10:14|
  2. バラ
前のページ 次のページ