まつおえんげいスタッフブログ

まつおえんげいのスタッフが日々思ったことや、それぞれのお勧めなどを書き綴ります。

水やり3年。

とても楽しそうでした。

「親子で学ぶ1美味しい野菜つくり」

とてもわかりやすい説明に子供たちも大喜びでした。

また是非やりたいですねえ。

DSC_0808

 

切り花のお店、はな・はるじょおんでは、リースのプライベートレッスンを。

麦の穂やスターチス等を使ってこんなに素敵なリースが出来上がりました。

DCS_8177

 

イングリッシュローズで一番に咲くのは、

アンブリッジローズのようです。

蕾が膨らみもう少しでガク割れしそうです。

日本人好みの花色はワクワクします。

DCS_7646

 

ここ数日の晴天と気温の上昇で、

バラは葉がどんどん増えてきてつぼみの膨らんでる品種はとても水を欲しがります。

1年でバラが水を一番欲しがる時期が蕾の膨らむ時です。

今日のような日は毎日与えても構わないので乾かさないようにしましょう。

しかしひとつ注意しなければいけないことがあります。

生育に合わせて水やりをすること。

一番乾く品種を基準に水やりをすると生育の遅い品種は調子を悪くしてしまいます。

生育の遅いものは乾くまで待ってから与えます。

株によって水やりを替えるようにしましょう。

「水やり3年」ですね。

  1. 2017/04/23(日) 17:34:07|
  2. 未分類

親子で野菜つくりはいかが?

例年より遅く黄モッコウバラ、ようやく1~2房咲き出しました。

カナリーバードも数輪開花です。

DCS_8151

 

「バラはいつ頃咲くの?」最近よく聞かれます。

まつおえんげいのバラフェアは5月16日(火曜日)~6月11日(日曜日)まで開催です。

そのころからどんどん咲き出します。

花を確かめてバラ選びの出来るこの時期にお待ちしています。

DCS_8154

 

テキセンシス系、プリンセス・ダイアナ

この花型「チューリップ咲き」は大輪系とは一味違い色々な植物と合わせやすくて、

しかも新枝咲きなので花後に2~3節くらい残して短く剪定できるので他の植物を傷めることもありません。

ツルの下から咲き始め上に向かって長い間咲き進みますので花期の長いことも特徴です。

DCS_8160

 

店内にBGMが流れるようになりました。

いまさら?と言われるかもしれませんが。

なかなか良いもんですね。

DCS_8150

今日はとても風の強い一日でした。

風が強くて困るのは鉢が倒れたり、つるや枝が折れてしまうことです。

葉などに傷がつくと次の雨でそこから菌が侵入し病気になることがあります。

クレマチスもせっかく伸びたツルが折れてしまいます。

鉢植えなら風の直接当たらないところに置くか、何かに止めつけておくことも良いでしょう。

もし鉢が倒れてしまったら、風がおさまるまで起こさずにそのまましておくのも一つの方法です。

 

明日「親子で学ぶ!美味しい野菜つくり」が開催です。

親子で家庭菜園に挑戦しようとお考えの方々に野菜栽培のスペシャリストをお迎えし、わかりやすく栽培方法をアドバイスします。

午前の部は満席ですが、午後の部はまだ空きがあります。

午後1時30分より約40分程度です。

お子様と保護者の方1名で参加費は2000円。

親子で植えたトマトの鉢植えをお持ち帰りいただけます。

持ち物は手袋、スコップエプロン、筆記用具ですがお持ちでない方にはお貸しします。

失敗しない野菜つくりを学んでみませんか?

お申し込み明日午前中までにお電話で075-331-0358。

お待ちしています。

  1. 2017/04/22(土) 17:52:49|
  2. 未分類

日陰でバラを咲かせたい。

斑入りアマドコロ。毎年株がどんどん大きくなっています。

蕾が見えてきてもうすぐ咲きそうです。

どこに植えてあるかご存知の方は少ないでしょうね。

DCS_8143

 

これはとても便利。

ある時はベンチ。でもこれはなかなかのすぐれものでして、

DCS_8140

 

このように椅子とベンチに早変わり。

2ウェイで楽しめます。

普段はテラスなどでベンチとして、ホームパーティの時には中庭で。

フレームはステンレス製、座面はプラスチック製なのでいつまでも長く使えます。

38キロと重いので発送はできませんので店頭販売のみですが、配達区域内であればお届けします。

DCS_8141

 

バラは日陰には向かないとよく言われますが、品種選びと土つくり、そして使う肥料等で咲かせることが出来ます。

この場所は軒下で水がもらえません。

しかも11時くらいからは全く日が当たりません。

それでも元気に育ちシュートも良く出ます。

DCS_8144

 

咲かせているのは、ジャクリーヌ・デュプレ

ジャクリーヌデュプレ

 

ローゼンドルフ・シュパリースホープです。

DSC_0227

 

ポイントは排水性。日陰では土が乾きにくくなっていて根が呼吸しにくくなっていくことが問題です。

排水の良い用土を使うこと。

まつおえんげいの「バラ専用培養土」は排水性も重視していますのでこんな環境におすすめです。

そして日陰では光合成ができにくいことも大きな障害です。

それを手助けしてくれるのがまつおえんげいオリジナル「Pro Style肥料」です。

栽培試験で実証済です。

 

そして今年は朝数十分しか日の当たらないところでバラとクレマチスを栽培しています。

結果をお楽しみに。ご自宅で日当たりで悩んでおられる方、ご相談ください。

DCS_8142

  1. 2017/04/21(金) 16:32:19|
  2. 未分類

せっかく伸びたのに。

中庭のシンボルツリー、スモークツリーです。

株元にあるのはローズマリー、30年以上前に植えたものです。

古い枝は老化すると枯れてしまいますが、枝の更新を常に心がける剪定をしていればいつまでも長生きしてくれます。

匍匐性種なので初めの数年はなにかにつかまらせて枝をある程度の高さまで上げてから下垂させて咲かせています。

真夏、真冬問わず周年咲いていますね。

株元からは鉄砲百合が芽を出しました。

DCS_8138

 

スモークツリーとローズマリーの間にクレマチス「ドクター・ラッペル」を誘引しています。

早咲き大輪系でとても育てやすくて2番花以降も良く咲きます。

初心者の方の入門品種として最適です。

_RST2237

 

花芽をたくわえた新芽がもうすぐ伸び始めます。

DCS_8139

 

今年特に多いのが、「新芽が萎れてしまう」と言うご相談。

バラクキバチやバラゾウムシ(クロケシツブチョッキリ)の被害です。

なかなか飛んでいるものを殺虫剤で退治するのは難しく、被害の数だけ花が減ることになります。

浸透移行性の殺虫剤を1ヶ月に一度くらいの間隔で散布しておくと被害が最小限に抑えることが出来ます。

DCS_1331

 

そして、花芽が付いていない「ブラインド」という現象です。

大輪の花の多くで枝が沢山出たと喜んですべて伸ばしてしまうと養分が分散しそれぞれの枝に力が足りなかったときや、

昨年枝が充実していない場合にも起こる現象です。

枝の生育期に急激な低温に合っても起こります。

いずれもせっかく育てているのにショックな出来事ですね。

DCS_1714

さてどうしましょう?

咲かないことにくよくよしないで、次の作戦を。

害虫の被害は枝先だけ、ブラインドは枝はすこぶる健康です。

上から数えてはじめての5枚葉のところで思い切って剪定しましょう。

そうすると再度新しい芽が出て、他の枝や株とは少し遅れますが、次の花が期待できます。

花が咲かなかった分、力がたまっていると前向きに考えて株の成長を促しましょう。

 

今日はバラ教室②「はじめてのバラ作り」でした。

始めてバラを育てたいと考えるときに一番大切なことはバラの咲く仕組みと生き方を知ること、

それを基本に栽培のノウハウを足していくことがバラつくりを習得する早道です。

そんなお手伝いが出来ればと思っています。

次回は4月22日(土曜日)10:30~約1時間くらい行ないます。

②「はじめてのバラ作り」は参加費無料、自由参加OKです。事前のお申し込みは不要です。

もちろんレジュメ付きです。

お待ちしています。

松尾正晃

 

  1. 2017/04/19(水) 16:44:27|
  2. バラ

バラの照り乾きやクレマチスの枝枯れって?

今年初の試みです。

クレマチスの長尺仕立て。

庭で即戦力になる頼もしい仕立てです。

まだまだ少ないですが、今から品種が増えてきますので楽しみにしてください。

DCS_8135

 

ローズベンチも綺麗に芽が出揃いました。

今年は白を基調に咲かせましょう。

DCS_8137

 

一昨年前の開花の様子です。

アイアンベンチでした。

DCS_4570

 

いよいよ、

イングリッシュローズの蕾付き開花見込株が仕上がってきました。

安心して花を楽しめる株から順に店頭で販売します。

母の日のプレゼントにいかがですか?

一部ですが店頭にある品種を紹介します。

最新品種「ロアルド・ダール」

コンパクトなブッシュ樹形で棘が少なくて扱い易く、

初心者の方でも楽しめます。

DCS_1737

 

「オリビア・ローズ・オースチン」

美しい花形、まとまりのよい樹形で扱い易い品種です。

DCS_3542

 

「デスデモーナ」

四季咲き性が強くてコンパクト、さっぱりとした花形からは強いミルラの香りが。

DCS_9058

 

「ムンステッド・ウッド」

ディープクリムゾンの人気品種、フルーツの混ざるオールドローズの香りが強くてコンパクトな四季咲き性です。

DSC_0228

 

「モリニュー」

とてもよく咲き、ティーの香りが爽やか、コンパクトな直立樹形でまとまりが良いので庭でも鉢植えでも楽しめます。

モリニューER3

 

「ガート・ルード・ジェキル」

美しいロゼット咲きでとても濃厚なオールドローズの香りが魅力、

剪定でコンパクトにしても伸ばしてツルバラに仕立てても楽しめます。

ERガートルード・ジェキル

 

バラモクレマチスも生育の最盛期を迎えようとしています。

どんどん枝葉に水分と共に養分を運んでどんどん伸びようとしています。

こんな時に困るのが天候の変化です。

昨日のようにしっかりと降った後の急激な高温と強い日差しは、一時的に新芽を萎れさせることがあります。

バラはあわてて水や肥料を与えたりせずに一時的に日陰へ移して日差しを避けましょう。

しばらくすると元に戻ります。

 

クレマチスは新枝咲きなどがせっかく伸びたのに、枝先が萎れて枯れてしまうことがあります。

いわゆる立ち枯れ現象です。

こうなるとその枝はもとに戻らないことがあります。

良く伸びた枝先だけの場合は萎れている部分だけを切り取って新しい芽を出させましょう。

開花に間に合わなかったり、遅れて咲くようになりますが、成長を続けます。

芽が出てすぐの枝はそのまま枯れてしまうこともあります。

でも、ご心配なく!

そうなっても根株は生きていますので、再度新しい芽が出てきます。

決して枯れたといって放っておいたり捨てたりしないようにしてください。

両者とも、あわてて肥料や水をたっぷりと与えるのは禁物です。

そっと見守りましょう。

松尾正晃

  1. 2017/04/18(火) 18:58:24|
  2. バラ
前のページ 次のページ